日本人宿

ぶっちゃけ、当たり外れが大きいです!
ということで、その理由と私たちがお世話になった宿の感想を正直書きます。
※私達は基本的に自炊のためキッチンや調理器具も評価に入っています

南米を旅行していると日本人宿にお世話になることが多いと思います。
特に、英語が苦手、旅に慣れていない、旅友達を見つけたいなどの場合。

このホームページで有用な情報をお伝えしていきたいということもあり、私たち夫婦も日本人宿がある場所ではなるべく日本人宿にお世話になるようにしていますが、正直な感想としては「宿によっては行かないほうが良かった」というのが結論です。

  • 日本語で情報が手に入る
  • 盗難の心配が少ない
  • 調理器具が揃っている場合がある
  • 仲間を見つけやすい

というメリットが有る一方で

  • 態度や言葉遣いが悪すぎる(ビックリする程)
  • 場所が悪い(距離、治安など)
  • 掃除や手入れが雑
  • その時の管理人によっては質が左右される
  • 門限がある

というデメリットがあります。

若い旅行者を中心に英語での会話が苦で無くなってきている昨今、日本人宿に泊まるメリットが少なくなりつつあるのも事実です。地球の歩き方を持っているのであれば、その他の知りたい情報(ルート、バス代など)は普通のホステルで外国人と話していても同じ情報が手に入ります。情報収集という観点のみでいえば、日本人宿に泊まるよりも世界中の旅行者が泊まるホステルに泊まるほうが良い情報が手に入ることも多いです。

日本人宿に泊まる=日本人宿を渡り歩っている旅行者が中心=地球の歩き方を元に旅をした情報が中心、となるからです。外国人と話しをすると、地球の歩き方や日本人のブログにほとんど掲載されていないような魅力的なルート情報が手に入ることが良くあります。
例としてはこちらの記事です。Villa O'higginsという村のホステルでスイス人旅行者に教えてもらった船のルートです。

それでは、具体的にお世話になった宿と簡単なコメントを。

場所:ブエノスアイレス(アルゼンチン)
名前:上野山荘ブエスノアイレス別館 ◎
コメント:立地、価格共に文句なし!私達の時は管理人さんがイマイチでしたが、オーナーさんは信頼できる方だと思います。是非お世話になってください。ただ夏は暑いかも。

場所:ウシュアイア(アルゼンチン)
名前:上野山荘本館 ○
コメント:立地以外は過ごし易くて良い宿です。落ち着きます。ローカルバスのバス停は近いので到着したあとはそれほど苦になりません。あとは徒歩で外出する場合、犬に注意。名前から分かる通りブエノスと同じオーナーさんです。

場所:エル・カラファテ(アルゼンチン)
名前:FUJI旅館 ○
コメント:夜中に到着することが多いので立地が△。バスターミナルに24時間警備員さんもいるので朝まで寝袋で寝て待つのも良し。オーナーご夫妻も良い方なので宿としては文句なし。

場所:ビーニャ・デル・マル(チリ)
名前:汐見荘 △
コメント:全体的に清潔感が無い。ターミナルから遠い。部屋によってはダニがいる(私は被害者)。市場で魚介を買ってきて食べることがメインとなる場所なのでキッチン用品が古くて汚いのが残念。

場所:クスコ(ペルー)
名前:ペンション八幡 △
コメント:たまに日本人の旦那さんの態度や言葉遣いがヒドい。キッチン用品が古くて汚い。犬がキッチンでオシッコした。もう一つの日本人宿も含め、あまり評判が良くないので、普通のホステルに泊まる日本人が増えています。

場所:イグアス居住地(パラグアイ)
名前:ペンション園田 ◎
コメント:人気があるだけの理由はあります。今まで滞在した日本人宿の中ではダントツの快適さ。何よりもスタッフ(家族)の方々が親切で優しくアットホーム感たっぷり。実際に50年前に移民をしてきている園田さんが経営しているので、当時の話を聞くことができ、時間が合えば移民資料館にも連れていってくれます。パラグアイに見所が無くても行く価値のある宿です。

場所:イースター島(チリ)
名前:Hare Kapone ◎
コメント:男女別に4人ずつのドミトリーのみ。同じ敷地内に管理人さんが住んでいるので、ちょくちょく顔を出してくれます。掃除等もこまめにしています。管理人の川口さんはイースター島に来て7年、何でも聞くことができます。時期やタイミングによっては一杯で予約が取れないことがありますので早めに。最安値ではありませんがオススメです。

場所:メキシコシティー(メキシコ)
名前:ペンション・アミーゴ ◎
コメント:個室とドミトリー合わせて10部屋以上ある、大きめの宿です。オーナーはメキシコ人(女性)ですが、日本語での会話は完璧です。声が可愛いです。建物は古いですし、歴史のある宿なのでベッドなど綺麗とは言えませんが、朝食付き、ネット無料な上に値段も安いのでオススメです。観光するには立地も良いし、隣の隣が警察なので何となく安心だし、オーナーさんもとても優しいです。他にもいくつか日本人宿がありますが、ここに比べると値段も高いですし、ネットは有料だったりするので、バックパッカーにはこちらをオススメです。

まとめとして、宿によってはお金のないバックパッカーのために自分の家の一部を格安で貸しているという事情もあるとは思いますが、同価格のホステルと比べて全体的な質が低すぎる(特に清潔感、態度)宿はいかがなものかと思います。こちらもバックパッカーのつもりで宿泊したのでサービスどうこうに文句をつけるつもりは全くありませんが、それにしても・・・という宿があることも事実です。
ということで、△の宿の地域に行く方で英語やスペイン語に困らないのであればHostelWorldなどで評価の高い宿を選ぶのがベストな選択です。

とは書きながらも、私達は可能な限り日本人宿に泊まってこのページをアップデートしていくつもりです。
日本人宿も含めた宿の詳しい情報についてはこちらのページをご覧下さい。

2013/04/18


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です