カナダ カナダ横断

VIA鉄道に乗ってカナダを横断!~旅の計画編~

2011/06/28

2010年12月10日、相方さんと二人でカナダにやってきて10日目。
やっとカナダの生活に慣れてきたころ、周りはクリスマスホリデイに向けて加速中。

やっと落ち着いたところで、何も始めることができず。。。

でも、ポジティブに考えれば、
もう今後こんなに二人の何もない予定が合うことがないかもしれない。

そこで・・・
日本の約27倍もの面積をもつカナダ。
その広大な国を横断してみることに。

といっても、日本を1周するのにもかなりの時間がかかったのに、
(2010年10月~11月に車で日本一周しました♪)
日本の27倍の面積を持つ国を、横断するなんて想像がつかない。。。

横断する手段は3つ。グレイハウンドのバス(車)、飛行機、鉄道。
(もちろんヒッチハイクや徒歩、自転車という手段もありますが・・・)

ここはやっぱり“鉄道の旅”でしょう。

カナダに敷かれている鉄道のほとんどがVIA鉄道が運営しているもの。

VIA(ヴィア)の運営する路線は19路線あり、カナダ全土の主な都市を結んでいます。

Canrailpassキャンレイルパスというお得な周遊パスがあり、
21日間の間に7回エコノミークラス(寝台ではない座席)に乗れるというもの。

オフシーズンとハイシーズンでは値段が違い、

オフシーズン(1/1~5/31、10/16~12/31)は大人1人、C$588+税。
ハイシーズン(6/1~10/15)は大人一人、C$941+税。

ネットからも購入可能です。

私たちもネットで購入しました。
購入した際には、登録したメールアドレスに予約番号が送られてくるので、番号を控えておきます。

ただし、パスはネットで購入できても、それぞれの路線の乗車予約ができないので、
結局VIAの駅に行ってそれぞれの路線のチケットを予約する必要があります。

*ここで注意なのは、キャンレイルパスの場合、最初に乗る電車の出発日の3日前までにパスを購入し、予約しないといけないこと。

そして、その後の路線もすべて3日前までに予約、変更をしないといけません。

それなので、日本からもパスは購入できても、旅行で来る場合、
カナダ到着日に乗車路線の予約をしたとしても早くて到着後3日後の電車にしか乗れないということ。

なので、パスを使用するのは長期滞在者向けではないでしょうか。

パスではなく、普通の乗車券もネットで購入することが可能です。

私たちが住んでいるのはトロントの西に位置するKitchenerという街。

トロントから出発して西の端Vancouverバンクーバーまで行き、
そこから飛行機で一気に東の端Halifaxハリファックスまで飛び、

再びHalifaxから私たちの住む町まで戻ってくることにしました。

せっかくなので、途中の都市に立ち寄りながら横断します。

私たちの考えたプランはこちら↓

1. Torontoトロント→Winnipegウィニペグ

2. Winnipegウィニペグ→Edmontonエドモントン

3. Edmonton エドモントン→Vancouverバンクーバー

(飛行機でVanncouverバンクーバーからHalifaxハリファックスに飛び)

4. Halifaxハリファックス→Quebec Cityケベックシティ

5. Quebec Cityケベックシティ→ Montrealモントリオール

6,7. Montrealモントリオール→Torontoトロント→Kitchenerキッチナー

1~3は同じ路線に乗車します。

トロントからバンクーバーまではVIA鉄道の中で一番長い、
The Canadian カナディアン号という電車が走っており、
4泊5日という時間をかけてカナダを横断します。

トロント発バンクーバー行は毎週月曜、水曜、土曜日の22時にトロントを出発し、

バンクーバー発トロント行は毎週火曜、金曜、日曜日の20時37分にバンクーバーを出発します。

週に3本ずつしか走っていないので、1度電車を降りると、次の電車が来るまで
降りた街で必ず2、3日滞在しないと次の電車に乗ることができません。

4はHalifaxハリファックス―Montrealモントリオール間を結ぶThe Oceanという路線。

こちらはハリファックス発モントリオール行、モントリオール発ハリファックス行両方とも
火曜日を除き、1日1本ずつ週に6本運行しています。

私たちは終点まで行かず途中Quebec Cityケベックシティに立ち寄ります。

ここで問題が一つ。
Quebec Cityケベックシティの中にVIAの駅はありますが、The Oceanに乗った場合、
その駅には行きません。

鉄道でHalifax方面からQuebec Cityに行くには1度終点のMontrealモントリオールまで行き、Quebec City行の別の路線に乗り換えて戻ってくるしかありません。

そんな時間の無駄はしたくない方は、
Quebec City近くのCharnyシャーニーという駅で降り、
VIAの運行するシャトルバスに乗りQuebec Cityの駅にいくことができます。

Charnyシャーニー駅からQuebec City市内まで公共機関はないので、
VIAの駅の窓口でシャトルバスを予約しておくことをお勧めします。
(この予約は3日前でなくても大丈夫です。)

5,6,7は1日に数本あるので自分の都合に合わせて選べます。

ここまで、すべての乗車日や乗車時間を調べて、
Kitchener市内のVIAの駅に行き、

Canrail passの予約番号を伝え、身分証明のID(写真つき)を提示し、
乗車チケットを発券してもらいました。

パス自体は紙のものをもらえるわけではないので、
チケットを変更する場合や、追加で購入する場合は
すべての発券済みのチケットを窓口に持っていかないといけません。

12月10日に思い立ちいろいろ調べ始めた訳ですが、
カナディアン号が週に3本しかないことで旅の出発は12月14に決定。

12月11日、ぎりぎり3日前に無事電車の手配は完了。

あとは出発までの3日間で、滞在する都市のホテルとバンクーバーからハリファックスまでの飛行機を予約し、旅に持っていくものを買い足したりしました。

旅の話は次につづく・・・

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

-カナダ, カナダ横断
-, , , , , , , , , , , , , ,