日本一周

日本一周 25日目

2013/04/18

25日目 11月4日 木曜日
06:00 フェリー乗場
     6時受付開始のところ5分前に起きても間に合う距離。
     だって、フェリー乗り場受付の目の前で寝ていたのでw
     まだ外は暗い中、手続きを済ませ、フェリーの前で待機です。
     ずーっと行きたかった屋久島。
     今回は時間がないから・・・とあきらめていましたが、
     予想よりはやくここまで来ることができ、
     2泊3日屋久島で過ごすことができることになりました☆★
     
     ワクワク!!♪
06:30 乗船開始
     今回の旅で青森⇔函館間に続いて2回目のカーフェリーです♪
     船に乗るの大好きの相方さんと、
     船に乗ること自体は嫌いではないのですが、
     必ず船酔いするので、それが嫌な私。。。
     屋久島に行けるということでは二人ともテンション高いのですが、
     船に対しては全然違うテンションで船に乗り込み、
     広いワンフロアーを2人だけで占領して出発です。
    (ほかの乗客の方は、もっと居ごこ地のいい一つ上の階にいます)
 
07:00 鹿児島港 出発
      鹿児島の朝焼けを見ながら出向です♪

      そして、鹿児島市の反対には、
      太陽をバックにしょった桜島!

      ここまでは、私も元気でしたw
      この後、ひたすらパソコンに向かって気を紛らわせていましたが、
      敏感!?なのでしょうか・・・
      揺れが激しくなってきたのに気が付き、
      ぎもぢわるい~~~~泣

      この船に乗ってやってきました。
11:15 屋久島宮之浦港 到着
     や~っと陸に降りたてました=3
     そして、その陸とは愛しの屋久島♪
     こんにちは!屋久島さん!!
     そして、さっそく港の近くの観光センターに行って、
     2泊3日間の屋久島たびについて相談しに行くことにしました。
11:20 観光センター 到着
     観光センターのおじさんが丁寧にやさしく教えてくださいました☆
     そして、帰りの船がお昼の12時出発なので、
     2泊3日といっても実際には丸2日しかないということで、
     もう1泊して日にちを増やすことに決定。さっそくフェリーの会社に電話して、変更OK。
     なので、3泊4日で屋久島を満喫します!
     予定は、
     今日の午後半日で屋久島を1周し、
     明日、縄文杉に会いに10時間の登山をし、
     明後日、もののけ姫の森に登山し、
     明々後日、午前中は予備日としてとっておこうということになりました。
11:45 観光センター 出発
     今日の予定の屋久島一周をする前に腹ごしらえ。
     ということで、港がある街のスーパーに行ってみることにしました。
11:50 Aコープ 到着
     地元のものがたくさんあるのかな~
     っと、ちょっと楽しみにしていまたが、
     特に他の地域と変わらないものが置いてありましたw
     お弁当を買い、せっかくなので、景色のいいところでご飯を食べることにしました。
12:15 Aコープ 出発
12:20 宮之浦港 到着 
     海を目の前にしてランチタイムです☆
12:45 港 出発
     ここから、屋久島を反時計周りに回っていきます♪
     予想していたより、屋久島は大きかったです。(ごめんなさい・・・)
     島の周囲が132キロあり、北海道・本州・九州・四国を除き、
     日本で5番目に大きな島だそうです。
     なので、一周に4,5時間かかるそうで、
     観光センターのおじさんにおすすめされた見どころを見て回ります♪♪
12:55 一湊海水浴場 到着
     まず、一か所目☆
     左

     右

     夏には海水浴やシュノーケリングが楽しめる浜辺です♪
13:05 一湊海水浴場 出発
     屋久島は九州最高峰の宮之浦岳をはじめ、他にも数多くの1,000m級の山々があり、
     「洋上のアルプス」とも呼ばれているほど、島というか、
     海の真ん中に高い山がそびえたつといった印象です。
     また、海からの湿った風がこれらの山にぶつかり、
     「屋久島は月のうち、三十五日は雨」と表現した作家さんがいるほど
     大量の降雨をもたらすため、年間降水量は平地で約4,000mm、
     山地では8,000mmから10,000mmにも達するそうです。
   
     そして、高い山ばかりがそびえつ屋久島は、あまり平坦な土地がありません。
     山の裾野に海があるといったような形の島で、
     山のてっぺんから海の近くの集落までに、
     日本列島をギュッと凝縮した気候が当てはまるような感じだそうです。
     というのは、山頂付近の年間平均気温は札幌の年間平均気温より低いほどで、
     日本最南端の積雪が観測される場所だそうです。
     
     そして、植物も同様に、屋久島には冷温帯から亜熱帯の植物が分布しているそうです。
     屋久島には町や民家のある集落がいくつかあるのですが、
     町と町、集落と集落の間は歩いていけないことはないと思いますが、
     車でないと行けないくらい離れています。
     山の斜面しかないようなところなので、徒歩しかない時代は大変だったはずです。
         
     あとで聞いた話ですが、
     たとえばオヤビッチャという魚の名前一つでも、
     町や集落によって呼び方がまったく違うそうで、
     4つの集落があれば、4通りの呼び方があるようです。
  
     それほど、昔は陸路で行くには難しく、
     隣町同士でさえ交流がなかったということですね~
     
13:10 東シナ海展望台 到着
     屋久島の右側の海は太平洋、左側の海は東シナ海です♪

     遠くには3つの島が見えています☆
     口永良部島と硫黄島と種子島です。
     写真ではうすーくしか映っていませんが・・・
13:15 東シナ海展望台 出発
     屋久島は火山島ではなく、大部分は花崗岩からなっていて、
     この花崗岩のおかげで、とってもきれいな砂浜があります♪
13:25 いなか浜 到着
     この砂浜の砂がとってもきれいで、
     そして世界でも有数のアカウミガメの産卵地で、
     ラムサール条約に登録されています♪

     こちらが砂浜の砂です↓

      見えにくいのですが、花崗岩からできているので、粒は大きく、
      黄金色をしていて、中には透明なものもあります。
      昔は、この砂浜の砂をおはじきに使っていたそうです♪

      ついつい貝ひろいをしてしまいますw
      この貝殻と砂をお土産として持ち帰りました♪

      そして、こんな看板や像がいろいろあります☆     
13:50 いなか浜 出発
     観光センターの方二重丸でお勧めの場所に向かいます!
14:00 横河渓谷 到着
     たんかんの木の畑の間を抜けて到着した駐車場から歩くこと約5分。
     どこまで行くのだろうと不安になり始めたころ、
     道の横にきれいな川が見え始め、

     そひて、行き止まります。
     そこには、こんな景色が見れます☆

     きれい!!
     そして、周りには巨大な岩がごろごろw

     そして、自然の地形を生かしたスライダーなどのレジャーが楽しめる場所でもあるそうです♪
  
14:25 横川渓谷 出発
     大きな道から外れ、ここを進むの!?という感じで、
     木と木の間の道路をどんどん進むと、見えてきます。
14:40 灯台 到着
     
      観光センターの方に、灯台の裏に行って海を見てごらんといわれていたので、
      裏へ回ってみました♪
      そこには丸い水平線が見渡せる、180度海☆の景色がありました。
      左側↓

     右側↓

     そして、足元には、

      小さな祠の中で、笑って恵比寿さんが海を見つめていました☆
14:50 灯台 出発
     灯台を出発してから約5分後、
     ここから世界遺産の地域に入ります!

     ここからの道路はバスは走ることができず、すれ違うのは難しくらい細く、
     西部林道と呼ばれる約20キロにわたり原生林が続く場所です。

     まれにヤクジカやヤクザルに会えるかもしれない・・・
     ということでしたが、
     このエリアに入ってすぐにヤクジカに遭遇!!

     結構近づいても逃げませんでした♪
     そして、本州や北海道の鹿にくらべてかなり小柄です。
     
     お猿さんもこの後たくさん会い、5,6頭の鹿さんにも会いました♪

     お猿さんも小柄です☆
     だいぶ走ったころ、きれいな沿岸の景色が見えてきました♪

     そして、山側には、

     お猿さんの家族?団体が!!
     少し広いところだったので、路肩に車を止め、
     お猿さんと景色を堪能☆
     
     日が沈み始めたので、あわてて次の場所へ!
     次も二重丸のお勧めの場所です。
16:20 大川の滝 到着
     おおこと読みます*
     日本の滝100選の100番目の滝で、
     200以上ある屋久島の滝を代表する落差88mの巨大な滝です☆

    大きな岩を伝い、滝のすぐ近くまで近づけます☆
16:35 大川の滝 出発
     スキューバダイビングを一応する二人なので、ダイビングポイントも見に行きます♪
16:45 塚崎タイドプール 到着
  
     だんだん夕焼けに近づいてきていて、素敵な景色が見れました☆

17:00 塚崎タイドプール 出発
     まだ半周しかしていないのに、もう太陽がぎりぎり・・・
     お猿さんと遊びすぎましたw
     ということで、半周の残りは最終日に残すことにしましたww
17:20 海中温泉 到着
     今日のお風呂を探すついでに、
     海中温泉がどういうものなのか見にやってきました♪

     本当に海中でしたw
     干潮の前後1時間だけ、潮が引き海の中にできる温泉で、
     私たちが行ったのは干潮よりだいぶ前。
     ということで、全く入ることはできませんでしたw
     でも、もし入れたとしても、水着禁止なので、
     バスタオルを巻いてはいる勇気はありません・・・。
     そして、温泉から上がった後、どこで着替えるかも問題ですw
     周りには脱衣場も何もありません!

     桶が置いてあるのみです☆
     
     男性ってこういう時いいですよね・・・
17:30 海中温泉 出発
     そして、夕日が東シナ海に沈んでいきました☆

     観光センターの方に教えてもらった温泉に向かいます♪
    
17:45 尾之間温泉 到着
     屋久島で唯一の公共浴場です*
     観光客と地元の方でいっぱいでした♪
     そして、大人一人200円と、とってもお安い♪
     
     シャワーがいくつかついていますが、洗髪の時以外は使用禁止。
     体を洗うには直接お風呂のお湯を使います。
     
     このお湯が熱い!!!!
     もともとシャワーのみの生活をしていたので、熱いのが苦手でしたが、
     この旅を始めてから、毎日浴槽につかり、
     何度か耐えられないくらい温泉にも浸かってきたので、
     かかり湯を何度もすると入れました♪
     一人浴槽につかっていると、
     周りの観光客のおばちゃまたちから、
     「お姉さんすごいね~」と、褒められてしまいましたw
     
     熱かったですが、とってもいいお湯でした☆
     私の中では1番かもしれません♪ 
18:35 尾之間温泉 出発
     晩御飯に何を食べるかさんざん迷った挙句、あえてここにしてみましたw
19:00 モスバーガー 到着
     二人で今まで一度も行ったことがなかったのですが、
     (失礼ですが)屋久島にモスバーガーがあることにびっくりし、
     あえてここで夕飯を済ませましたw
     他の店舗と同じだけのメニューはありませんでしたが、
     この地区の限定メニューを食べて満足**
19:50 モスバーガー 出発
      ご飯を食べながらあることに気づきました。
      それは、明日朝早くから登山をする予定ですが、
      朝早くからやっているというお弁当屋さんは
      予約以外のお弁当も販売しているのかということ。
      モスバーガーのある安房というところから車で山道を登り、登山へ向かうのですが、
      この安房にはお弁当屋さんが数件あるという情報は得ていたのですが、
      普通に買えるかどうかまでは知らず・・・
      
      地元の方がお弁当屋さんは20時くらいまで予約を受け付けていると教えてくださり、
      モスバーガーの近くのお弁当屋さんに電話で尋ねると、
      予約のお弁当のみ朝4時から引き渡し可能で、
      他のお弁当は7時からということでした。
      そのまま2人分の登山弁当を注文しました☆
      登山弁当とは、朝昼2食のお弁当がセットのお弁当のことです。
  
      これであとは登山に行く持ち物を準備をするのみ!
    
20:00 安房 パーキング内にて車中泊
     明日は朝4時にお弁当をピックアップして、朝一のバスで登山に向かいます☆
     なので、お弁当屋さんにも、バス乗り場にも近い駐車場で
     早めに就寝します!!
     明日はいよいよ縄文杉さんに初対面!
     そして、10時間の登山!!
     いろんな意味でドキドキ☆★
     おやすみなさいzzz

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

-日本一周
-, , , , , , , , , ,