旅~東北~ 日本

東北の旅その1

2012/12/30

2012年6月25日 月曜日

久しぶり日記更新になりました。
近況は・・・特に変わったこともなく(笑)
未だ2人も無職でございます♪

そんな無職な私達2人は、時間があることをいいことに、東北に旅に行って参りました!
もう2週間も前ですが・・・・。
今日から、6月25日から数日間に渡る日本に帰国後初の旅について書きたいと思います♪

6月25日。
前夜、レンタカーに乗って東京を出発。(*^^)v
東北自動車道をひたすら北へと進み、岩手県へとやって来ました。

2011年3月11日に起きた東日本大震災。
その日、私たちはそんな大変なことが日本で起こっていたとはつゆしらず、
カナダでいつもと同じ朝を迎えていました。
そんな寝起きなところで、大変なことが日本で起こったと知り、
ネットやカナダのニュースで伝えられる情報を必死で集めました。

カナダでも連日、日本の震災のニュースを報じていましたが、
それでも海外で見れる被災地の映像は限られたものだけ。
同じ映像ばかり毎日繰り返されていました。

時間がたつにつれネットで読む日本のニュースと、テレビで見るカナダやその他の国に伝えられる情報が違っていたり。

カナダにいる間、会うたびに「日本は大丈夫?」と聞いてくれる人が沢山いたのに、
日本人である私たちは「・・・よくわからないの」と答えておりました。

そして震災から4ヵ月たち世界一周の旅に旅立ったあとも、
世界各地で私たちが日本人だとわかると、
「震災と津波大変だったね。」
と、色んな国の方が親身になり、関心を抱いてくれていました。

旅を終え帰国した後、東京で何人かに震災当時のことを聞きましたが、
やっぱりそれでも誰かから聞いたことでしかなく、自分たちが見た感じたことではないのです。
だからといって震災を経験したいはけではもちろんないのですよ!
言わずもがな・・・

このモヤモヤ感を少しでも減らすため(かなり自己中な理由ですね・・・)、
そして被災地の方々になにかしらでもできれば(そんなたいそれたことはできませんが!)との思いを、
今私たちができることで表してみようということにしました。

「旅」という形で。

まったく力にならないのかもしれない。
旅するくらいならボランティアしろよって感じかもしれませんが、
まずは一番ハードルの低い「旅」というもので許してください。
(誰に頼んでるんだろう!?(笑))

ただ本当に情報がない私たちは、どこを目指していいのかもわからないので、
1年8ヵ月前に日本一周の旅中に訪れた岩手県の三陸海岸をとりあえずスタートにして、
太平洋側を南下してみたいと思います!

1年8ヵ月前の記事はこちらからどうぞ♪

ここから本題です☆


今回の旅の相棒、レンタカー君はトヨタのカルディナさん(ステーションワゴンタイプ)。
日本一周はエスティマでしたが、今回は期間が短いので。
もちろん車中泊です。

高速道路料金の深夜割引を利用するため昨夜出発し、福島県のSAにて車中泊しておりました。

朝起きて、小雨降るなか福島県を北上開始。
岩手県って意外と遠い。。。
一応関西人の私には東京から関西は遠いけど、東京から東北地方は近いイメージ。

福島県を抜け、宮城県を抜けやっと岩手県!
すると小雨もやんで青空が♪


青空と新緑?がキレイ

やっと九戸インターから高速道路を降りたのが13時。

もうすぐ秋田県というくらい岩手県の北部にやって来ました。


インター近くの道の駅「折爪」に寄り道。


地元で作られた新鮮なお野菜がいっぱい!


しかも安い!!
レタスが1玉100円くらい、大根1本が110円くらいです(^-^)


キャバという初めて見る食べ物発見!

お店の人に聞くとこの辺りの伝統的な食べ物で蒸しパンを焼いたようなおかし?だそうです。

名前の由来は、


裏側についている柏の葉だそうです。
この辺りでは柏の葉をキャバというそうです。

ここまで聞いておきながら、


コロッケと煮しめを買って


緑を見ながらお昼ごはん♪

さっさと先に進まないと日が沈む~

やーっと最初の目的地に着いたのは15時半でした(笑)


やって来たのは、日本一の海岸美と言われる、北山崎展望台。

リアス式海岸を見渡せる展望台です♪


駐車場から展望台までの途中には、売店や食堂が数店舗。
そのお店の前で何か作業をされています。


こんぶ~
昆布が名産のようで、昆布がたくさん売られていました♪

3つある展望台の、


第3展望台からスタート。


第3展望台からの眺め。

ん~・・・なんか見えにくいぞ!(笑)


森林浴をしながら次の展望台へ。


これが第1展望台からの眺め。

これが日本一の海岸美。
らしいです!


もう1つ展望台が長い階段を下った先にあるので、
面倒くさがるKazuを置いて、1人で第2展望台へ。


第2展望台へ行く途中、更に下って海岸まで降りれる階段が通行止めになっていました。
これも津波の影響でしょうか。


展望台へ向かう途中で見えた景色。


第2展望台からの景色。

美しいリアス式海岸の景色は津波があっても何一つ変わることなく、以前と同じ景色でした。


行きはよいよい帰りは~・・・つらい!!

帰りの上り階段を覚悟して第2展望台へ行きましょう~!(笑)

16時、太陽が夕日色になり始めた頃、もう1箇所の展望台に向けて北山崎展望台を出発。

急げ急げ!


駐車場に車を止めて、またまた気持ちのよい森林の間を歩いて向かったのが、


鵜ノ巣断崖。

あ~・・・やっぱり日陰になってる。。。

1年8ヵ月前のこのきれいな断崖に日があたっている写真が撮れているので、
もし良ければそちらの方をご覧ください。苦笑


太陽の当たる南側の断崖。

太陽さんにお別れを言われてしまったので、今日の観光はここまで。
ほとんど移動だったな・・・(笑)

本日の車中泊場所の道の駅を探しながら、宮古市に向かって南下。


仮設のローソン発見!

東北の津波の被害にあった海岸線では、ローソン以外にもセブンイレブンやファミリーマートのこのような仮設のコンビニを何軒も見かけました。

目指していた宮古市の道の駅は津波の被害で閉鎖中。
もう少し南に下って道の駅「やまだ」にて今夜は車中泊することに決定。

その前に、お風呂。

日本一周の旅中にも一番苦労したのがお風呂探し。

うまくできているもので、宮古市に3つある銭湯が全て、
月曜日定休日。
今日は月曜日~

こらっ!

でも、負けない!
今回はスマホ持ってるもん♪
前回は普通の携帯電話で一生懸命探したのです。

で、宮古市周辺で見つけたのが、

旅館光山岳泉荘。

情報を半分以上信用しないで、地図を見ながら向かってみると、
山道のカーブを曲がった瞬間、看板が!

急いで看板にしたがって左の暗くて細い山道を登って行きます。

怖っ!

で、最初に見えてきたのが
ラ・ブ・ホ♡

え~!!??

そういえばそんな看板もありました・・・。

ラブホを通り越し更に山道を登ると、ありました!


温泉宿。
昔ながらの。

日帰り入浴の料金は、大人1人450円なり。

☆温泉情報☆
名前:旅館光山岳泉荘
住所:岩手県下閉伊郡山田町大沢13-59-29
TEL:0193-82-2314

“田舎の昔の家風”の建物の奥にあったお風呂は貸切♪

でも、熱くて長湯できない(笑)

とっても優しい旅館のご夫婦に、「どうもご苦労様でした~」と、何度も言われて温泉を後にしました。
おそらく、ボランティアの方が、作業後に立ち寄るのでしょうね。

スミマセン、私たちはただの観光客で・・・と、心の中で返事しながら、
仮設ローソンで夕ごはんを買って、
宿泊場所の道の駅「やまだ」へ♪

東北の旅1日目はこれで終了です☆

明日は、釜石~大船渡~気仙沼~石巻を旅します♪

津波被害から1年2ヵ月経った海岸線の写真を見たいという方、もう少しお待ちください。
旅の終わりにまとめて写真をご紹介したいと思います。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

-旅~東北~, 日本
-, , , , ,