世界一周 南米

バスでパタゴニアを北上。ウシュアイア~エル・カラファテ アルゼンチンその14

2013/04/19

2011年11月26日 土曜日

本日は、世界最南端の都市Ushuaiaウシュアイアを旅立ち、ペリト・モレノ氷河で有名なEl Calafateまで直線距離で約500キロ北上します。

この移動が予想外の長旅。。。

朝4時半、3日間お世話になった上野山荘本館を後にし、タクシーでバス乗り場へ。
ちなみに、ウシュアイアにはバスターミナルはないので、バスのチケットを買うには旅行代理店で購入します。

5時、エル・カラファテに向けてバスは出発。

快適なゆったりシートのバス。

なのに、

窓の外が全く見えない!!
しかも、私たちの座っている側だけ。。。

ひどい汚れで車体反面がすべて泥でおおわれていました笑


途中の休憩場所で、ドライバーさんが窓をごしごし。
やっとこれでパタゴニアの大地を見渡せるようになりました。

といいつつ、ほとんど爆睡してましたがw

結果から言うと、
直線距離で約500キロの移動ですが、
朝5時にウシュアイアを出発して、カラファテに着いたのは夜中1時15分。
約20時間もかかりました。

長っ!!

その原因は。

1、ウシュアイアもカラファテもアルゼンチンの街ですが、途中チリの国土を走るため、

アルゼンチン出国→チリ入国→チリ出国→アルゼンチン入国

の計4回バスから降りて、国境で手続きが必要。
そもそもバスなので、乗客が約30人ほど。
バス1台だけが国境で手続きを受けていても、かなりの時間がかかるのです。


4カ所目の国境。アルゼンチンに再入国。

2、さらにチリに入国の際、フルーツや野菜などの生もの、スパイスなどの乾物、乳製品、木製品などなど持ち込み禁止。
なぜか2回も荷物のX線検査を受けました。
大きな荷物もバスの下のトランクからわざわざ取り出して。。。

3、ウシュアイアがあるのはティエラ・デ・フエゴという島。
カラファテがある本土との間にはあの有名なマゼラン海峡と呼ばれる太平洋と大西洋を結ぶ最狭部3キロの海峡をカーフェリーで越える必要があること。


カーフェリー。


奥のほうが大西洋。

この先が太平洋。

4、ウシュアイアからカラファテまで直通のバスがなく、途中Rio Gallegosリオ・ガジェゴスという町でバスの乗り換えが必要。

という、まったく渋滞や故障などではない時間のかかり方。


汚いバスにさよなら。


リオ・ガジェゴスからのバスは2階建て。


席もゆったりきれい。

予定では、5時ウシュアイア発、17時半リオガジェゴス着、20時半リオガジェゴス発、0時半カラファテ着。
実際では、5時ウシュアイア発、20時リオガジェゴス着、20時半リオガジェゴス発、01時15分カラファテ着。

リオガジェゴスの乗り換え時間が3時間あるのは、たいていウシュアイアからのバスが遅れるからなのだとか。
予測できない遅れではないので、予定到着時刻変えたほうがいいのでは。。。

とか、文句言いつつも、

パタゴニアの夕焼けを見ながら無事カラファテに着いたのでいいか。

今まではなるべく夜遅くの到着は避けてきたのですが、ここではこの便しかないので避けようがありません。

小さな町カラファテでのお家は、バックパッカーの間では有名な日本人宿、藤旅館

藤旅館は予約はできないのですが、前日に一応空いていることを電話で確認し、カラファテに到着後に電話しても空いていたので無事ここに決定。

こんな真夜中に到着しても優しく迎えてくれる宿でした。

ただし、深夜の到着でも、バスターミナルには宿の客引きが数人いるので、泊るところは何とかなると思います。
最悪、暖房のきいたバスターミナルで野宿という手も・・・。

藤旅館まではバスターミナルから歩いて約20分。


特に危険ではない町で、そこらじゅうにいる犬だけに危険を感じ、フジ旅館に到着したのでした。
(写真は翌日撮影)


建物上に小さく藤旅館と書いてあります。


夜中2時前。長い移動を終え、無事あったかいおうちに到着。

管理人ケンさんに暖かく迎えてもらいました。

バス移動中、一応1食付いています。

それがこちら↓


いや…これは1食ではない!

実は、アルゼンチンのバスは世界一快適ではないかと言われるほど、とっても環境が整っているのです。
バス会社によっては4種類の座席クラスがあったり。

私たちが今回使ったバスには2種類のクラスがあり、日本の長距離バスよりかなり快適な座席ですが、これでも一番下のクラス。

ブエノスアイレスから48時間かけてウシュアイアまでやってきた人たちは、
「一番下のクラスの座席でも、全食付、しかも夜はステーキやお肉の煮込みがメインのあったかいご飯が出た」
と、言っていたので、私たちもちょっぴり期待していたのです。

たった20時間の移動では長距離にはならないのでしょうか。。。

というわけで、宿について夜中の2時からブエノスアイレスから持ってきたインスタントラーメンを食べたのでした(笑)

バスの中で10時間くらい昼寝をした気がしますが、眠気が・・・・。

とりあえずカラファテでの過ごし方は明日考えることにして、
おやすみなさい~Zzz。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

-世界一周, 南米
-, , , , , , , , , , , ,