やっぱり今日もストライキ!? ギリシャその3

2011年9月27日 火曜日

昨日の夜、起きたらストライキを回避してくれてたらいいな。。。
と、淡い期待を抱いて寝ましたが、そんなこと起こるはずもなく、ストライキは決行されてしまいました。

さあ、タクシーで一緒に空港に行く人見つからないかな~。

それにしても、ここ約1か月で何度飛行機に乗ったのでしょう。。。
大好きな離陸の瞬間が、実はすごいストレスになっているということを聞き、ちょっと体が心配になってきました。

それに1度の飛行でかなりの量の放射線を浴びているそうですね。
といっても、素人にはさっぱりなのですが。

でも、今日はそんなことよりストライキで公共交通が動いてないことのほうが私たちには大きな問題でした。

今日のフライトは午後。
まだ時間はあります。

時間つぶしに、昨日見つけた景色のいいスタバで時間つぶし。

ニュースでギリシャのストのことを書いていないかと検索したら、記事が出てきました。

どうやら、ストは昨日今日だけの話でなく、数日前から断続的にやっている模様。
経済状況悪いから仕方がないのかもしれないけど、ただ自分たちの首を絞めているだけじゃないの・・・と、ちょっと愚痴。
観光業で成り立っているのに、こんなことしてたら観光客が来なくなってしまいますよね~。

もう一度あの景色を見てから、出発。

この景色はとっても素敵なのにな。。。

タクシー乗り場がある、モナスティラキ広場にやってきて、周りに大きな荷物を持った人がいないかきょろきょろ。
もしかしたら空港にタクシーで一緒に行けるかもしれないし。

そしたら、そのきょろきょろのおかげであることに気づきました。

モナスティラキ広場の鉄道駅に人の姿が。

もしや!?

と、駅に急ぐと、窓口に女性が。
「電車で空港まで行けますか?」と、聞くと、
「はい。」と、あっさり。

え~~~~!!!!???

みんな今日は動いてないって言ってたのに…なんて言いません!

やったぁーーーー!!

公共交通はバックパッカーの味方☆

ただし、どうやら来た時のように地下鉄1本では空港に行けないよう。
窓口に貼ってある手書きの案内を写真におさめ、プラットホームへ。

ちょっと分かりづらい、空港までの行き方の案内。

ホームにいた職員さんに聞いてもよくわからないので、とりあえずやってきた電車に乗車。

その後、乗り換えもスムーズにでき無事空港に1時間ほどで到着できました。

どうやら、3路線ある地下鉄の1路線のみ動かしていたようです。
動いている路線が限られているので、乗り間違えることもなく(笑)
近郊線も動いていたので、空港にやってこれたというわけでした。

これから向かうはエジプトのカイロ。
私keikoは1年ぶりのエジプト♪

今日は、ついていない日だと思っていたら、そう悪いことは起こらず、エジプト航空で問題なくエジプトへと飛び立ちました。

悪いことを予測していると、悪いことって起こらないものなんですよね。
その逆で、何も予測してない時に限って悪いことが起こる。。。

それはのちのち。

機内食を食べている間に、あっという間に到着。
エジプトはギリシャより東にあるのに、時間は1時間、標準時間に近いってどういうことなんでしょう。

今回エジプトには9泊10日の滞在。
明日から5日間は弾丸でエジプトの見どころ、ルクソール・アスワン・アブシンベル神殿を巡る旅に出ます。
そしてその後カイロに戻り、ピラミッドを見たり観光する予定。

個人ではいけないところが多いエジプト。それを効率よく見るため、最初の5日間、ツアーに参加します。
ツアーを手配してくれる日本人宿がここエジプトのカイロでの宿“ベニス細川家”。

到着が夜になったので、宿のピックアップサービスをお願いしました。
(1台1200円、4日以上泊ると無料)

渋滞が残るカイロ市内を走り、約40分で空港から到着しました。

前回エジプトに来たときは、添乗員としてきたので、泊ったのはとってもいいホテル。
今回は1泊1部屋1250円~泊れる安宿。
市民の生活感たっぷりの場所にある建物の5階部分にベニス細川家はありました。
5階まで階段というのが一番きつい!

この旅初の日本人宿。

オーナーは日本語ペラペラのエジプト人。
お客さんはみんな日本人。
しかもほとんどの人が私たち同様の世界旅をしているバックパッカーさんたち。

なんだか、いろんな意味で圧倒されつつも、とりあえず、明日からの観光に備え洗濯をして寝ました。

お部屋。

天井はなぜか布が。。。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

This entry was posted in ヨーロッパ, 世界一周 and tagged , , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>