世界一周 北中米

メキシコ・シティの市内散策 メキシコその8

2012/05/28

2012年3月18日 水曜日

朝6時頃、メキシコ・シティに到着。
2泊3日で出かけていた世界遺産かけ足巡りから帰って来ました。

荷物を置かせてもらっている日本人宿、ペンション・アミーゴに今日からまた2日間お世話になります。

3月11日の日記でペンション・アミーゴについてご紹介したので、
ペンション・アミーゴの中の写真を数枚。


中庭を囲う感じの3階建ての建物。


中庭の壁に描かれている絵。


部屋の入口の飾りはガイコツさん。


ルチャ・リブレとして有名なプロレスラーの飾りもあります。

新しい建物では決してありませんが、オーナーさんの人柄と、このちょっとした可愛らしさが癒してくれる宿です。

日曜日で、しかも朝早くに到着した私達を優しく迎え入れてくれたオーナーさん。
メキシコ人ですが日本語ペラペラ、容姿もですがとっても可愛い声の持ち主。

彼女の笑顔を見て、さっそく出かけました。

夜行バスで到着したのに、この行動力!
褒めてください(笑)

ただ、このままベッドに横になってしまったらおしまい。
今日1日引きこもることが分かっているので、残り2日間のメキシコ・シティ滞在を有意義に過ごすため、まだ観光していなかったメキシコ・シティのセントロにやって来ました。


メキシコ・シティのセントロ、ソカロ。
広いっ!!!!!!!


ソカロの四方は立派な建物に囲まれています。


逆光なのですが、これが国立宮殿。


そして、ソカロの北側にとっても立派なメトロポリタン・カテドラル。

mexicocity

メキシコにある全てのカトリック教会の総本山的な施設。


カテドラルの東側は日曜の朝から賑わっています。


売られていたのはお土産物。
ペルーのお土産物にも惚れたのですが、どうやら中米のものにも惚れそう。


横から見たカテドラル。


横から見てもこんなに大きなカテドラル。


そしてカテドラルの裏側にはアステカ帝国の中央神殿跡、テンプル・マヨールが。


1913年に見つかった遺跡で発掘は1984年に終了し、今は一般公開されています。


カテドラルの正面を通って町の西の方へ。


もう一度ソカロ。
首都の中心広場がこんなに広々って凄いですよね~。


日曜の朝のひっそりとした5 de Mayo通りをてくてく。


朝の木漏れ日とコロニアルな建物がいい感じ。


タクシーまでレトロでこの町に合う!


装飾された建物がおしゃれ。


タイル貼りの建物も素敵でした。


カテドラルから真っ直ぐ西に歩いてきてぶつかったのがベジャス・アルテス宮殿。


メキシコで最も格式の高い大劇場の1つだそうです。


宮殿の南にそびえるラテン・アメリカタワー。

この宮殿のある場所から私たちの宿のペンション・アミーゴまでは地下鉄2駅分。
せっかく気持ちのいい朝なので歩いて帰ってみることにしました。

ああ、観光はもう終了です(笑)
やっぱりここは大都市なので町中にそんなに見所は・・・。


ベジャス・アルテス宮殿横にあるとーーーーーっても広いアラメダ公園。
は、工事中で入れず。


大都市メキシコ・シティの街を楽しみながら朝の散歩は終了。

そして今日は久しぶりに引きこもっておりました。

明日はメキシコ・シティ最終日。
最後にもう1つ世界遺産を見ていきまーす♪

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

-世界一周, 北中米
-, , , , , , , , , ,