アフリカ 世界一周

南部アフリカぐるーっとキャンプ旅 Day22; 世界第2の渓谷で夕焼けを  ナミビアその9

2011年11月3日 木曜日

この旅初の寝坊。

テントを通り越した太陽が暑いと感じて起きてびっくり。

目覚ましは7時にかけたはず、その目覚ましが鳴っていないのに太陽がもう暑いなんて…

ふと携帯を見ると、7時33分。

え~~~!!

今日の私は料理係。
7時30分から朝食づくりをする予定が・・・。

慌ててkazuを起こし、着替え、kazuにテントたたみを任せて、キッチンに直行でした。

そんなこともありつつ、朝食を食べ、

9時、キャンプ場出発。

9時半、1カ所目の休憩。


Bethanieベサニーという小さな町。
この町はナミビアで一番古い町、ということで10分ほど立ち寄り。

この町を出たらすぐにオフロード。
ナミビアの大部分がオフロードでしたが。。。

今日、向かうは世界で2番目の規模の渓谷、フィッシュ・リバー・キャニオン。
今日はここで夕焼けを見ちゃいます。

そして、ナミビア最終日。


10時半、フィッシュ・リバーで撮影ストップ。


真っ白な大きな橋の下をちょっぴり川が流れています。


この川がこれから大きな渓谷を流れていきます。


12時、渓谷のすぐ近くにある、新しいキャンプ場Hobasに到着。


今日もまた、みんな仲良くテント設営(笑)


さっそくお昼ごはん。

夕方涼しくなったら、渓谷を見に行くということで、それぞれ思い思いの時間を過ごします。


洗濯するツアーリーダー。

何かちょっとおかしくない!?(笑)

今日は前後日より10度も気温が高い日。

ということで、敷地内のプールに行ってみました。

こんな太陽が暑いのに、心臓が止まりそうなほど冷たい水温。
みんなペットボトルをプールに浮かべて冷蔵庫の代わりにしていましたw


そんなプールの脇の日陰でのんびり。

16時前、トラックに乗り込みフィッシュ・リバー・キャニオンへ。

フィッシュ・リバー・キャニオンとは。
アフリカ最大の渓谷。数十億年の地殻変動を経て、形成された広大な渓谷は、長さ161キロ、深さ550メートル、最大幅27キロ。その大きさはグランドキャニオンにつぐ世界第2位の規模を誇る。

フィッシュ・リバー・キャニオン国立公園に入場し、渓谷の上のビューポイントへ。

16時半、フィッシュ・リバー・キャニオンのビューポイントに到着。


目の前には大渓谷!!

歩いてもう一つのビューポイントまで行ってみました。


柵のないトレイルからは、渓谷の中を覗き込むこともできます。


危ないので要注意を!!

こんな乾燥した場所にもいくつもの植物があり、景色と自然を楽しみながらてくてく。


たどり着いたところは、ハイキング・トレイルのスタートポイント。


その距離は80キロ。。。
4泊5日かかるそうです。

無理無理。


渓谷の景色を楽しみながら、トラックの止まるビューポイントに引き返します。


ビューポイントでは、晩ごはんが準備されていました。


今日の夕飯はちょっとおしゃれにチーズとクラッカー。
冷たいビール持参です♪


この景色を見ながら、ご飯を食べ、日の入りを待ちます。

昨日は、世界最古の砂漠で日の出を見、今日は世界第2の規模の渓谷で日の入りを見る。

なんという幸せ。

そして、なんというアフリカ大満喫。


どんどん太陽が地平線に近づいてきました。


赤く染まる渓谷。


ハエも素敵に見えます。


あ~沈む。

太陽さん、また明日。


19時45分、綺麗な夕焼け空を見ながら、キャンプ場に帰りました。

砂漠の変わった昆虫とトカゲに見守られながらシャワーを浴び、早々と就寝でした。

いよいよ明日は、南アフリカに再入国します。
旅もあとわずか…

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

-アフリカ, 世界一周
-, , , , , , , , ,