世界一周 南米

マチュピチュのチケットの入手方法。白い町アレキパを散策。 ペルーその2

2012/01/09

2011年12月23日 金曜日

今日の夜にはアレキパを出発し、クリスマスに世界遺産を見ながら過ごすために目指してきたナスカに向かいます。

バスの時間までアレキパの街を散策。

と、その前に。

実は年越しをマチュピチュで過ごそうと計画したのですが、まだマチュピチュ遺跡入場のチケットがとれていません。

チケットはネットで購入することができます。
マチュピチュ遺跡入場チケットはこちらから購入できます。

が、ここ数日?数週間?、支払いをする際のクレジットカードでの引き落とし作業ができないというトラブルが発生していて、
2011年12月23日現在、誰もネット上で購入できなくなっているそうです。

予約まではこぎつけるのですが、支払いができず、自動キャンセルになってしまうのです。

Kazuが何度も試し、問い合わせもした結果そんな答えが返ってきたのです。

そんなこと言われても、じゃあどうしたらいいの!?と、聞きたくなりますが、
問い合わせたところ、元来のネットで購入可能になった1年前以前の方法で購入できるというのです。

その方法とは、
1、自分でクスコのINC(ペルー文化庁)オフィスもしくはツアーインフォメーションに行って購入。
2、もしくはマチュピチュ村のチケット売り場で購入。
3、手数料を支払い、旅行会社にお願いする。

の3通り。

まず、2は無理でしょう。
チケットを持たないままマチュピチュ遺跡の麓のマチュピチュ村に行くのは普通の日ならまだしも、大みそかは“賭け”でしょう。

3はなんとなく最後の手段としてとっておきたい。

ということで、1のクスコで購入するしかないということになっていました。

でも、マチュピチュ遺跡には入場制限があり、特にマチュピチュをきれいに見れるポイント、ワイナピチュへは1日400人までしか入れません。
ネット上で、その残りチケット数が表示され、今朝確認したところ、残りわずか16チケットでした。

え~~~!!

でも、どうしようもないし。。。

さらに、予備としての1月からのチケットがネット上で一切購入できなくなっています。
理由は不明・・・。

というわけで、どうすることもできずクスコに行くまで手の出しようがないということなのです。

そして、ここからが本題。

アレキパの街の散策を開始してすぐ。

インフォメーションがあったので、念のためマチュピチュ遺跡の入場チケットのことを尋ねてみました。

すると、上の3つ以外の方法を教えてくれました。

もともとネットで購入する際、
1、自分の情報の登録をします。
2、全ての登録が終わると、予約番号が入ったページが表示されます。
3、そしてクレジットカードで支払い。
という、手順。

現在2までの作業ができるので、
この予約番号をプリントアウトしてBanco de la Nación(ペルー国立銀行)で支払えば購入できるというのです。。

まぢ!?

ということで、さっそく宿に引き換えし、2までの作業をしました。

プリントアウトは宿ではできなかったので、それぞれiPhoneとiPod touchでプリントアウトする予約番号の入ったページを表示できるようにして、いざ、アレキパの街のBanco de la Nación銀行へ。


窓口でiPhoneとiPod touchで予約番号を提示し、あっという間に支払完了。

そして、宿に戻って再度チケット購入サイトに行き、Check-Inのところで自分の予約番号を入れれば、
チケットが表示されます。
1人2枚ずつそのチケットのページをプリントアウト(ここは絶対必要)すれば完璧!!

ただし、「予約してから6時間以内に支払わなければキャンセル」ということなので、
お気を付けください!!
そして、支払いができる銀行がBanco de la Nación銀行のみ、ということなので、ペルーにまずはいないとダメですね・・・・。

何はともあれ、12月31日の最後の数チケットをゲットした私たちは、心置きなくアレキパの街を観光!!

アレキパとは。
別名、“白い町”とも呼ばれる、建物の多くが近郊で採れる火山岩で造られた、ペルー第2の都市。

アレキパはインカ帝国の第4代皇帝マイタ・カパックの命によって建設されました。
アレキパの名前の由来は皇帝がケチュア語で人々に"Ari qhipay"(ここに住みなさい)と言ったことからきていると、言われています。

そして、この街も、1540年スペイン人によって征服されてしまいました。

街の中心部はスペイン風のコロニアルな建物、教会がが残されており、世界遺産にアレキパ歴史地区として登録されています。

まずは宿の近くの素敵なサン・ラサロ地区へ。


アレキパで最も古く美しい場所と言われている地区。


狭い道の両側には火山岩で作られた建物が並んでいます。

この町には教会がたくさん。

教会好きな私としては廻らないと♪

どこに行きたいということもない私以外の3人を道連れに(笑)


まずは、サン・フランシスコ寺院。


お隣にはお土産物市場。
アルゼンチン・チリでも民芸品のお土産はかわいかったのですが、ペルーは格別!!

めっちゃかわいい!!!!

絶対お土産いっぱい買います。
自分用に(笑)

次は、サンタ・カタリナ修道院。

写真を撮ってると、交通案内をしているおじさんに声をかけられ。
「こっちこっち」と。

親切におじさんがこの修道院のベストショットが撮れる場所に案内してくれました(笑)


これがおじさんお勧めのベストポイント!
おじさん写ってますw


サンタ・カタリナさん。
イタリアのシエナが懐かしい!

そしてもう1つ。


おじさんがこのリャマの人形と一緒に撮れというので、交代で写真撮影(笑)

このリャマが座る入口がある建物がステキでした。

サンタ・カタリナ修道院の正面にある、いろんなお店の入る建物のパティオが修道院のパティオのよう。(行ってないけどw)


青く塗られたパティオ。


クリスマスの飾りがされた中庭がかわいい!!


次は、サント・ドミンゴ教会・修道院。


ラ・コンパニーア・デ・ヘスス教会。


素敵なファサード。

ここで、周りから
「おなかすいた~!!」の大合唱。


ということで、この教会の目の前にあったレストランへ。

日替わりメニューの前菜+メイン+デザート+飲み物のセットで10ソレス(約300円)。
ベジタリアン用が7ソレス。
安いっ!!!

即決でした。


1人ずつ紙のメニューをくれるので親切♪

前菜5つ、メイン6つの中から選びます。


まずは、Inca Kolaと、Coca Colaで乾杯!


Kazuとマサ君の前菜のシーフードスープChupe de Choros。
野菜しか見えませんが・・・。

くせがありますがおいしい!


私の前菜コロッケ?Papa Rellena。
街角でファーストフードとしてもよく見かけるこちら。


中にはお肉と野菜、たまご、オリーブなどが入っていて、ボリューム満点。


あっちゃんの前菜、チキンの串焼き、Brochetas de Pollo。
お肉柔らかくて美味☆

けっこう前菜でおなかいっぱいなのですが・・・


Kazuのメイン、魚のフライPescado Frito。
しっかりお味のついた魚。
美味しい!


マサ君のメイン、鳥の竜田揚げ?Pollo Broaster。
味も見た目もなんだか日本食に近い!
そして、お肉柔らかーい!!


あっちゃんのメイン、ビーフ・ストロガノフLomo Strogonoff。
ビーフ・ストロガノフってこんなだっけ?って聞きたいですが、おいしい☆


そして、私のメイン、鳥肉のフライ?Millanesa de Pollo。
自分で言うのもなんですが。。。どれもおいしい中で一番のあたりかも!!
さらにペルー料理に恋に落ちた瞬間でした♪

でも、かなりの量。
さすがに誰も全部食べきれませんでしたw


メインを残した後のデザート。

甘い!!

御馳走様でした♪

さあ、観光再会!!

歩き始めて数分。


カフェが。

ということで、3人はここで休憩し、私1人で観光の続きをすることになりました(笑)。

ちなみに、こちらのカフェ、名前はクスコ・カフェ。


エンブレムにはマチュピチュ。

アレキパの街は首絞め強盗で有名だそうですが、クリスマス前のせいか、町のいたるところに警察と警備員さんが立っているので全く危ないと感じませんでした。

もちろん、怪しい裏通りなんて歩いていませんが。


名前もガイドブックに載っていない教会。


骨董屋さんの入口にあった日本風?置物。


サン・アグスティン教会。


この町の教会の多くがそうですが、ファサードの彫刻が本当にステキ。


街の中にいた伝統衣装を着た親子。

そして、カテドラル。


1612年に建てられて以来何度も地震に見舞われ修復された大聖堂。

ちょうど、シエスタ中で中には入れませんでしたが。

カフェに3人を迎えに行き、アルマス広場の一角にあるスーパーでお買い物。
クリスマスを大切にするペルーでは24、25日とお店が開いているのか分からないので、非常食としてインスタントラーメンを8つ買い込みました笑

そうそう、ペルーには、味の素のインスタントラーメンがあるんです!!!
びっくり。
味の素も売ってるし。

2日分の食料を買い込み宿に。


私たちが1泊した宿、Santa Catalinaには屋上があります。

屋上から、アレキパと言えば・・・の、富士山のような形をした山ミスティ山(5821m)が、綺麗に見える・・・はずですが、


今朝も、


夕方も、

こんな状態でした。
12,1月はこんな状態が多いようですが。


代わりに夕焼けと、夕闇の街を見てアレキパの街にお別れ。

タクシーに乗ってバスターミナルへ。

降り出した雨のせいか、帰宅時間のせいか大渋滞。
流しのタクシーは危ないからと、宿で呼んでもらったタクシーが全然やってきませんでした。

通りにはタクシーだらけなのですが、空車のタクシーが1台もいません。

30分待ってやっとやってきたタクシーに乗り、バスターミナルに向かったのでした。

夕方の時間、雨の時のタクシーは時間にかなり余裕をもって呼んだ方がいいと思います。


とりあえず、無事バスターミナルに余裕をもって到着。


今回使用するバス会社はFlores。
アレキパの大きなバスターミナルから200mほど離れたところにバスターミナルがあります。

ここからあっちゃん&マサ君夫婦としばしのお別れ。

私たち2人はナスカへ。

あっちゃん達2人はクスコへ。

バイバイを言って、バスへ。


今回のバスはFloresという会社、いつものセミ・カマより1つクラスの良いバス。
時間帯で選んだところそれしかなかったのです。


シートが160度倒れるバスの座席はこんな感じ。

2階の1番前のシートを選びましたが、夜なので何も見えませんが!!

8時15分、ナスカに向けて出発。
予定では10時間ほどでナスカに着きます。

出発してすぐに機内食ではなく、車内食が配られました。


あったかい食事は、お肉とごはんがメイン。デザートにゼリー?ジャム?付き。
味は・・・まあまあ。

食事を終えてすぐ、この席を選んだことを後悔。
足が伸ばせていいのですが、揺れる!

ただでさえ酔いやすいのに、すぐにひどい車酔いに見舞われたのでした。

もうこれは寝るしかない!!

おやすみなさい!!!!

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

-世界一周, 南米
-, , , , , , , , , , , , ,