ヨーロッパ 世界一周

マラリアの予防薬を買うだけで終わったスペイン最後の1日 スペインその30

2011/11/09

2011年10月10日 月曜日

今日はもうスペイン最終日。
1日ストのせいでカイロから帰るのが遅れたのが痛かったです。

本当なら余裕をもって次の旅の準備ができているはずだったのに。。。

今日することは2つ。

これまで買ったお土産や捨てられないけど世界一周にはいらないものを日本の実家に送ること。
そして、マラリアの薬を買うこと。

朝10時、まずは、荷物を抱えて郵便局へ。

段ボールを買い、詰めて送るのに1時間かかりました。
私たちではなく、あちら側のせいですが。。。

これまで大きな荷物をオーストラリア、カナダから送ったことがありましたが、ここスペインが一番簡単でした。

郵便局だからかな??

書類に送り先、こちらの住所、何が入っているか1つだけ書き、その予想値段を書いて終了。

けっこう大きな段ボールでしたが、約90ユーロと安くてちょっとびっくり。

やっぱり最後までスペインは素敵な国ですw

次は、マラリアの予防薬を買うため、市内にバスに乗って出かけました。

目指すは、この間の金曜日、薬局の人から教えてもらったトラベル・クリニック。
このトラベル・クリニックで薬を買えるわけではないのですが、ここで処方箋をもらえれば薬が安く買えるかも、と言うことでここに行ってみることにしたのです。

が、ここを探すのに一苦労。

グーグルマップ君で調べた場所に行くと隣の建物だと言われ、
その建物に行ったら5分ほど離れた港のすぐ近くだと言われ、
教えてもらった住所が見つけれず、
その住所の近くの薬局に入って尋ねると、

日本語を話せるスペイン人がいてびっくりして、

スペイン人の男性に日本語で教えてもらってやっとたどり着けたのでした。

ここまで軽く1時間。。。

やっとたどり着いたトラベル・クリニックはマラガ港の敷地内にありました。

予約がないとダメかもしれないと言われていましたが、明日スペインを経つことを告げると問題なく診察に応じてくれました。

一応、カナダで受けた予防接種が記載されたカードと黄熱病のイエローカードを持参しました。

診察に応じてくれた先生は何とか英語が話せる方でよかった。

私たちはカナダでトラベル・クリニックに行っていたので、必要なワクチンはすべて接種済みで、他の病気についても説明を受けていることを伝え、とりあえずマラリアの予防薬だけ買いたいことを訴えました。

すると、スペインでは買えないとあきらめていた1週間に1度の服用でよい種類のマラリア予防薬がここスペインで買えることが判明。

ただし、マラリアの危険のある地域に入る1週間前から服用を始めなければいけないので、明日から行くアフリカでは服用不可でした。

でも、この後行く南米ならこれで荷物も減らせると、この1週間に1錠のタイプの薬を南米用に購入決定。

そして、これからのアフリカ用には、1日1錠服用タイプの予防薬で、1箱30錠入しかも10ユーロもしない薬があることを教えてもらいました。

この1日1錠服用する予防薬はどこの薬局でも、処方箋なしに買えます。

しかし、1週間に1錠タイプの薬は特別なものだそうで、その薬を取り扱う会社?事務所?から取り寄せる必要があるそうです。

が、私たちにはその余裕がありません。

ということで、処方箋を書いてもらい、それをもって教えてもらった会社に自分たちで行くことになりました。

たらいまわし状態。。。

港のトラベル・クリニックから歩くこと約20分。

町の中心から少し離れたところにある会社に到着。

会社で書いてもらった書類をもって銀行に行ってお金を振込み、やっと薬を手に入れたのでした。

ちなみに1箱8錠入りで約23ユーロでした。

そしてバスに乗ってアナの家に戻ったら、もう4時でした。

最後に、アナの家の近くの薬局に、1日1錠服用タイプの薬を購入しに行きました。

取り寄せだったので、夜7時、再度薬局に行き、受取り。

ちなみに1箱30錠入り約7ユーロでした。

マラリアの予防薬を買うために振り回された1日。

なんという充実しない1日!

しっかりマラリアの薬も入れてパッキング終了。
明日、このでっかい荷物をもってアフリカに向かいます♪

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

-ヨーロッパ, 世界一周
-, , , , , , , ,