旅~東北~ 日本

東北の旅まとめ

2012/12/30

2012年6月29日 金曜日

東京に戻って参りました!

車に乗って旅をしただけなので体力は使っていないのに、
家に帰ってくると疲れていると感じるのはなぜ!?

旅の後=疲れている。
という条件反射なのでしょうか??

この旅で撮った「綺麗な景色」、「食べ物」以外の写真を載せていいものなのか悩みました。
なので、今日までは写真なしの文章でお伝えしたのですが、
大地震、津波被害から1年3ヵ月経った今の東北地方の様子が気になるという方もいると思い、
“東北地方沿岸部の今”の写真のをまとめてここで載せることに決めました。

もし、見たくない、見れないという方がいらっしゃるのならば、
これ以上下には進まないでくださいね。

そして、走っている車から撮った写真もあるのでぼやけていたりしますが、
私達2人が見た東北地方の今の写真です。

写真は岩手県と宮城県の沿岸部の津波被害を受けた町の写真です。

岩手県


九戸郡野田村。
防波堤がない。
この光景はいろんな場所の沿岸部で見られた。
あんな大きくて重いものを津波はおもちゃのブロックのように動かしてしまっている。


九戸郡野田村。
沢山のがれき。
これもどの街でも見られた光景。
うず高くつまれたゴミの山。。。


下閉伊郡田野畑村。
防波堤がポロポロと。。。


下閉伊郡田野畑村。
ガードレールと向こうの防波堤が津波の力を表している。


下閉伊郡田野畑村。
針金のようにぐにゃぐにゃになったガードレール。


下閉伊郡田野畑村。
線路が途切れてしまっていて、空中に浮いた線路の端。


釜石市。
町中の建物の2階部分が、被災した人の相談を受けたり、支援したりするスペースになっていた。


釜石市。
枠組みだけ残った建物。
窓ガラスはバリバリに。


釜石市。
沿岸部から少し離れた場所には沢山の仮設住宅があった。


釜石市。
3階建てのアパートの3階部分まで津波が達したよう。
部屋の中には流木などが詰まっていた。


大船渡市。
内陸に数百メートル入ったところまで建物がない。


大船渡市。
途切れた線路。


大船渡市。
屋台村としてプレハブの建物に飲食店などが集まった施設ができていた。


大船渡市。
いろんな人のメッセージが書かれた復興居酒屋。


大船渡市。
復興居酒屋のメッセージボード。


大船渡市。
1階部分は津波の被害を受けているが、市場として機能していた。


陸前高田市。
津波の威力がすごくわかった。
鉄筋以外ほとんど何も残っていない。


陸前高田市。
海岸から100m以上離れている5階建ての建物。
4階部分まで津波が襲ったようだ。


陸前高田市。
ライトだけが残った沿岸にあるスタジアム。


陸前高田市。
3階建ての中学校。
全てが津波に飲み込まれていた。


陸前高田市。

沿岸部には木が1本立っているだけで、ほとんどの建物がなくなっていた。

宮城県


気仙沼市。
基礎部分だけを残した沿岸部の町。


気仙沼市。
水の溜まった建物跡。


気仙沼市。
不自然な場所に不自然なものが。


気仙沼市。
田んぼの真中、道路脇に打ち上げられた大きな船。


気仙沼市。
市内の様子。
津波に流され、不自然な位置で止まっている家もあった。


気仙沼市。
大きな道路沿いで見られた、「がんばろう 東北」のメッセージ。


南三陸町。
海沿いの道路がなくなっていた。


南三陸町。
廃車になった車置き場。


南三陸町。
向こうの方に見える白い壁が防波堤。
ここまで残ったのは数軒の骨組みのみ。


石巻市。
石巻港の防波堤。
今も流れてきたものが残っていた。


石巻市。
石巻港はいろんな所で復旧工事が行われていた。


石巻市。
石巻港近くにあった倉庫?。
1階部分が激しく損壊。


石巻市。
道路の真中の中央分離帯に残されたままの大きな鉄の何か。


東松島市。
水が抜けなくなってしまった沿岸部。
公園の運動場はゴミ置き場になっていた。


東松島市。
大量のがれき。


東松島市。
ここだけではなく、沿岸部の田畑には大量の泥が入り、使えなくなっている田畑がかなり見られた。


仙台市。
湿地帯のように見えるが田んぼ。


仙台市。
遠くから見ると何もないように見えたが、海側は激しく壊れていた。


仙台市。
まわりに建物があったはずだが残ったのは数軒。


名取市。
田んぼの真中に船が今も残されていた。


名取市。
何台ものショベルカーが稼働していた。


名取市。
どこまでもつづくがれきの山。


山元町。
未だに墓石が散乱したままの墓地。


山元町。
校舎の2階天井部分まで津波が到達したというサインがあった。


山元町。
小学校の校庭は廃車置き場となっていた。


山元町。
体育館の中。
床がめくれ上がり、バスケットゴールの位置まで床が盛り上がっていた。
yamashita-cho

山元町。
用水路にかかった橋が陥没していた。

津波の被害にあった土地が、「1年前と何も変わっていない」と、報道されていますが、
私個人の意見としては、「あまりにも広い範囲で被害があるため、一生懸命工事をしていても全く追いつかない」と、感じました。

どこから手を付ければいいのか。
何を優先すべきなのか。

それでも、誰かに任せておくだけではなく、自分たちで自分たちの町を一刻でも早く元通りに近いものに戻そうと頑張っている人々の姿がありました。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

-旅~東北~, 日本
-,