南部アフリカぐるーっとキャンプ旅 Day11; オカバンゴ・デルタの真ん中でキャンプ。動物に襲われたくない!! ボツワナその5

2011年10月23日 日曜日

ラグビーワールドカップ決勝の今日。

このツアー始まって以来の、電気のない場所でのキャンプw

試合結果は明日にならないとわかりません。

そんな今日は、オカバンゴ・デルタと呼ばれる世界最大の内陸性デルタで、
“海に出ることのない川”オカバンゴ川カラハリ砂漠に吸い込まれる手前に広がる約1万5000㎢の巨大な三角形の湿地帯の真ん中でキャンプします。

5時15分、起床。
今日も早い。。。
もうこれが普通なのか。

7人グループだったときは、朝食30分前に起きる私たちがいつも一番乗りだったのに、このグループになってからは遅め。
ということで、朝食の45分前に起きて、準備。

明日、またこのキャンプ場に宿泊ですが、本日のブッシュキャンプにテントを持っていくので、またテントをたたみます。

慣れては来ましたが、めんどくさいのは変わらず。。。

6時、朝食。

7時、ツアーリーダー1人を含む18人と、大量の荷物をキャンプ場の車2台に詰め込み出発。
本日のキャンプサイト、湿地帯の中の島へはモコロと呼ばれるカヌーで向かいます。


Maunの町の住宅街を抜けていきます。
子供たちが笑顔で手を振ってくれます♪


そのモコロに乗り換えるモコロ・ステーションまで車で砂漠を進むこと約1時間。


途中、テントがたくさん張られた地区を通過。

ドライバーさんが、ここが臨時のモコロ漕ぎさんたちのキャンプ場だと教えてくれました。


そのキャンプ場から長い棒を持った人がたくさん同じ方向を目指していきます。

彼らの目指しているところは私たちの目的地でした。

8時、湿地帯の入口、モコロ・ステーションに到着。


私たちが着いてすぐ到着し始めた漕ぎ手さんたち。


こちらが、モコロと呼ばれるカヌーは木をくりぬいて造られたもの。
1隻に2人が定員のようです。

手際よくモコロの漕ぎ手さんたちが荷物をモコロに積んでいきます。


私たちの荷物の一部。
水の量がやばい(笑)

どうやら日本人の私たちは、2人1組になった時、体重の軽い組になるようで、私たちのグループを2日間お世話してくれるモコロの漕ぎ手さんの中で唯一のおばあちゃんは、それを瞬時に見極め、一番乗りに私たちの荷物をつかみ自分の船へと運んでいきます。


テントの中にしくマットレスをうまく使ってシートにした、比較的きれいなモコロに乗りこみます。

ちなみに、何もない島での1泊。最低1人1日5リットルの水が必要ということで、私たちは水1人10リットル、ジュース1リットル、合計飲み物22リットルを持って出発(笑)

おばあちゃんはそこまで計算していなかったのではないでしょうかw


8時20分、テントや調理器具などがまとめて積まれた2隻と、私たち人間とそれぞれの1泊用荷物をのせた9隻は出発。


沈みそう!!!


このモコロ、かなり快適!!


みんな一列で湿地帯の中に生える植物の間を抜けていきます。

ちょうど顔の位置に植物が・・・


前に乗っているkazuは痛がっています(笑)


昨日ブッシュキャンプをしていた人たちとすれ違います。

途中1度どこかの島で休憩し、
10時、本日のキャンプ場の島に到着。


モコロの漕ぎ手さんたちは途中、水の中に張った網にかかった魚を自分たちのお昼ごはんに捕ってきていました。


暑くなる前にキャンプ設営。


本日は電気も水道もない場所。
トイレは、穴を掘ってもらいそこで。。。

ブッシュウォークができるようになる夕方まで待機。


何もすることがないのでみんなでトランプ。
大富豪をして遊びました。


お昼ごはんはサンドイッチ。

その時、テントの後ろ約10メートルのところをシマウマが走りました!

近っ!!

私たちのテントの裏にはゾウさんのうんちがあったので、ここには何が出てきてもおかしくないようです。
ということはライオンやヒョウも。。。

木陰にいても暑くなってきたころ、泳ぎに行こう!ということに。

湿地帯の中にはワニもいるので、そこらへんでは泳げません。
モコロに3~5人に別れて乗り込み、約10分の別の島へ。


島の端にある水たまり?が本日のプール。


泳ぐというよりつかる?


中には小さな魚がいっぱい。
みんなで魚すくいに熱中(笑)


こんな大きなタニシ?カワニナ?も。

約1時間後、またモコロに乗ってテントのある島に戻りました。

あとは、ひたすら涼しくなるまで待ち。。。

暇すぎてトンボやトカゲ探して写真を撮って時間つぶしw

17時、やっとブッシュウォークに出発。
モコロに乗って先ほど泳ぎに行った島へ。

島に着いてから2組に分かれていよいよブッシュウォークへ!

ここからは、モコロの漕ぎ手さんたちがガイドさんに。


ガイドさんたちの後ろを静かに歩きます。

何が見れるかな♪

ライオンだっているそうです!
いや、あんまり会いたくないけど。。。
でも、ライオンさんには会えないって言われちゃいましたがw

歩くのはこんなところ。


遠くにシマウマの群れが!!

えええ??

シマウマのほうに近づいていきます。

シマウマさんはもちろん逃げていきますw
そりゃそうだ!


一番近づけたところでパシャ。


シマウマさんの縞々がステキ。


こっちを見てる♪

シマウマさんの次は・・・

Shashin Error:

No photos found for specified shortcode

カバさんの足跡。

次は・・・


夕日!

ということで、約1時間半のブッシュウォークは終了。

つまり。シマウマさんと鳥さん以外には何も会えませんでしたw

夕日が沈んだ後の薄明かりの中、キャンプサイトへモコロに乗って戻ります。

キャンプファイアーで作った本日の晩御飯は、


ガーリックトーストと野菜パスタでした。


ご飯を食べた後は、モコロの漕ぎ手さんたちによるブッシュマンの歌と踊りショー♪

楽しんでいると、急におなかがごろごろ・・・・。

うそ!?

こんなトイレがない日におなか痛にならなくても!!

モコロの漕ぎ手さんたちの忠告通り、ライトで周りを確かめながら(動物の目が光らないか)少し離れた“トイレ”にkazuを引き連れ行きました。

おなかの弱い私がここまでおなかを壊さなかったのが奇跡なのかもしれませんが、なんで今日!?

みんなの歌声を聴きながら、薬を飲んで就寝した私でした・・・。

明日は朝から、リベンジ・ブッシュウォークです!

関連記事

  1. カンクンのビーチを見納め メキシコその24

  2. 南部アフリカぐるーっとキャンプ旅 Day22; 世界第2の渓谷で夕焼けを  ナミビアその9

  3. 南部アフリカぐるーっとキャンプ旅 Day15; エトシャ国立公園へ。チータだらけ! ナミビアその2

  4. ブルガリアにスマートフォンにスマートフォンを持ち込んで使えるか?

  5. レシフェに到着 ブラジルその9

  6. アマゾン河の始点、2河川合流点へ行ってみた。 ブラジルその17

  1. Just because name implies, these uggs are from Australia, that are crafted from twin-tier merino
    wool. The artist material moisture from the feet, ensure that is stays cold and dry.
    In addition, once you seem in the labels for
    the manufacturing site, you really should bear in mind how the labels which exhibit “Manufactured in China” are authentic,
    and lots of others are counterfeits.

    • Anitebewan

    qoj anastrozole steroids side effects anastrozole long term side effects is anastrozole the same as arimidex

  1. この記事へのトラックバックはありません。