レンタカーで事故を起こした!

はい、タイトルの通りスペインでレンタカーを借り、コルドバのホテルを目指している時に事故を起こしました。
事故を起こした後
いきさつについてはkeikoの記事をご覧下さい。
また、以前スペインでのレンタカーについて書きましたが、そちらも合わせてお読みください。

結果的には、ハーツに対して600ユーロ程度の免責を支払うことになりました。
フルカバーの保険に入っていれば一切支払うことはないです。
ちなみに事故を起こしたコルドバには、ハーツの支店があったので
翌日の朝一で他の車に変えてもらいました。

ぶつかったポールについては政府(市役所?)の職員による検証の結果、
動作に問題無いとのことで何事もなく済みました。
もし、壊れていた場合でも日本でいう自賠責保険にてカバーされます。
強制保険ですので有効期限が来れているような特殊な場合を除き、
レンタカーに限らずどんな車でも加入しています。
また、もしポールが壊れていた場合には警察による調書が必要となりますが、
国際免許証と車の中に入っている保険証書を見せれば
あとは全て手続きしてくれますので、
仮に器物破損があった場合でもそれほど大変ではありません。

何よりもこの手の事故が多いのと、
観光客が多いため警察官も慣れていてとてもフレンドリーです。
観光業がメインの産業なだけに当然といえば当然ですが、
こんな対応をしてくれる国や街ばかりではないので、とても印象が良いです。

事故を起こしたことについては
「コルドバの皆さんゴメンなさい。」
ですが、システムを知らなかった・スペイン語が読めない
のでどうしようもなかったというのも正直な気持ちです。。。

もし同じような経験をされたかた、
またはこれからレンタカーを借りて旅をしようと思っている方、
海外でレンタカーを借りているのでこんなこともたまには起こる、
と割り切りましょう(笑)ただし保険だけはちゃんと加入しましょう。

関連記事

  1. 南部アフリカぐるーっとキャンプ旅 Day10; 600キロの移動 ボツワナその4

  2. アンダルシアの旅 コルドバの夜 スペインその8

  3. イパネマ・コパカバーナビーチをお散歩。久しぶりの大都市観光は疲れた~ ブラジルその5

  4. 南部アフリカぐるーっとキャンプ旅 Day13; アフリカ最古の民族、サン族に出会った! ボツワナその7

  5. アンダルシアの旅 スペインその7

  6. お腹に虫がいたら怖いので健康診断へ。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。