世界一周 南米

ナスカの町でのんびりなクリスマス翌日。 ペルーその5

2012/01/09

2011年12月26日 月曜日

昨日、ナスカの地上絵を空から、地上から楽しみ、今日1日はクスコ行のバスの時間まで待機の1日になりました。

今日1日夜10時のバスの時間までしたこと。

その1。
スーパーに行った。

特にこれが買いたいというわけでもなく。


買ったのは飲むヨーグルト。

ペルーの飲むヨーグルトがおいしいので、最近はまっています。

スーパーの入口にあったゴミ箱。
ごみを捨てたくなるようなゴミ箱だと思いませんか??

その2。
スーパーの目の前の市場へ晩ごはんの買い出し。


クリスマスイブは町の中に市が出ていて人気がなかった市場も、今日はたくさんの人が来ていました。


市場ではお肉、野菜、いろんな料理の調味料ミックス、果物、雑貨などいろいろ手に入ります。
晩ごはん用に野菜と調味料を買いました。

クリスマス・イブにこの市場の中のフルーツ屋さんで買ったマンゴー(1キロ4ソレス(約120円))がフィリピンのマンゴーよりおいしく、
私の人生のおいしいマンゴー記録を更新しました。
たぶん日本で売れば3000円以上するはず!!

その3。
スーパーからの帰りにお昼ごはん。


今日はアルマス広場近くのレストランへ。


やっぱりメニューを見てもさっぱり。

Polloが若鶏ってことくらいしか。

何を頼んだかよくわかりませんが、


1皿目のスープ。


中にはチキンと野菜とお米。

美味しい♪

ナスカのレストランは当たりばっかり☆


2皿目、Mondonguito Italiano。

まずくはありませんが、他のペルー料理がおいしすぎるのでこれは普通でした(笑)


食後のジュース。
何の味かは・・・。

御馳走様でした。

その4。
宿のリビングでずーっとパソコンをポチポチ。

ふと、天井を見上げるとかわいい飾りが。


おそらくティティカカ湖で見られる葦でできた船、トトラの船の飾り。

これに一目ぼれ。
絶対お土産に買う!!

その5。
市場で買った野菜と調味料で晩御飯の野菜炒め&クリスマスディナーに引き続きインスタントラーメン作り。

はい、手抜きです。


こちらが材料。

このように野菜がミックスされて袋に入れられた状態で売っています。


これが調味料ミックス。

野菜とあうよと言われて買いましたが、怪しい色・・・
辛くはないと言われましたが。


出来上がった野菜炒め。

お味は・・・不思議な味。
おいしくはありません。

今日の行動以上。

夜9時、宿を出てFlores社のバスターミナルへ。


昼間に撮影したFloresのバスターミナル。

オルメーニョ社のバスターミナル横にあります。

ナスカ発クスコ行のバスはないので、リマ発クスコ行のバスに飛び乗ります。

この、ナスカ(リマ)からクスコに直接行く(アレキパを経由しない)ルートは某地球の~というガイドブックでは“かなりの悪路”と紹介されているルート。

ちょっとドキドキしながらバスを待ちます。

出発予定を過ぎてもバスは来ず。

15分ほど過ぎた時、バスターミナルとは逆側の道路で進行方向を向いたまま止まったクスコ行のバスに飛び乗りました。

私たちが乗ったらすぐに出発。

ナスカを出発してちょっと経った後からバスは山道へ。
くねくねくねくね。

そう、ナスカと私たちが向かっているクスコの間にはアンデス山脈が立ちはだかっているのです。

つまり、私たちのバスはアンデス越え中。

道は悪路というより、くねくね道。

そして、私はもちろん激車酔い!!

まっすぐな道を走ってー!!!と、祈りながら無理やり寝ました。

高山病になりませんように(切実)

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

-世界一周, 南米
-, , , , , , ,