アルゼンチンのレンタカー事情(ウシュアイア)

他の国同様に大手のハーツなどに比べると地元のレンタカー会社で借りたほうが安いです。
ただし、欧米や日本などに比べると南米はまだ先進国とは言えないので、全くの無名の会社から借りるのは避けたほうが良いと思います。
特にスペイン語が話せない場合は。ちなみにハーツは英語が通じます。

私達はウシュアイアの観光案内所で配っていたレンタカー会社一覧に掲載されていた会社の中で
最も安いところを選びました。名前はPatagonia Surです。
ホームページはありますが、大手のようにネット予約のシステムがあるわけではないので直接カウンターに行くのが良いと思います。
Argentine Rental Car

シボレーの1400ccのマニュアル車で1日250アルゼンチン・ペソ(5,000円位)でした。
この価格で基本的な保険(事故及び盗難)は全て込みです。観光地ということもあり、値段は先進国と変わりません。
Argentine Rental Car

保険の種類や借り方など他の国で借りるのと大きな違いはありませんので、戸惑うことはありません。
レンタカーを借りることだけに限ったことではありません、基本的にはみんな親切ですし、わからいことなどをしつこく聞いても欧米などに比べるととても親身に対応してくれます。

私達がウシュアイアをレンタカーで回ったルートはこちらの記事で。

関連記事

  1. 世界一周旅の始まり!~出発前夜~

  2. 今日からサンフェルミン祭♪

  3. 今後の旅支度で終わった1日 スペインその28

  4. ガラパゴス諸島の予算(バックパッカー向け)

  5. 世界遺産ヴィエリチカ岩塩坑 ポーランドその6

  6. フェズの迷路に挑戦

    • ふろ

    いや、アルゼンチンは欧米圏にある

    何いってんだこいつw

  1. この記事へのトラックバックはありません。