NO IMAGE

馬に乗って国境越え。エル・チャルテン→ビジャ・オヒギンス 2日目。 チリその1

2011年12月3日 土曜日

ただ今私たち2人+ブエノスから共に旅しているあっちゃん&マサ君夫婦+キミちゃんの5人と、
今頃一生懸命峠を越えているだろうチャリダー(チャリンコ・ライダーの略)ケンさんは、

「世界一美しい林道」と言われるCarretera Australカレテラ・アウストラルの南のスタート地点、Villa O’Higginsビジャ・オヒギンスという村を目指して、
アルゼンチンのEl Chaltenエル・チャルテンという村から2日がかりで向かっております。

昨日の朝、チャルテンの町を出発し、湖を1つ、22キロもの距離がある峠を越え、もう1つ越える(渡る)とってもきれいなLago O’Higginsオヒギンス湖の目の前までやってきました。

今日はこのオヒギンス湖をフェリーで渡り、夜にはVilla O’Higginsビジャ・オヒギンスに到着する予定であります。

12時、起床。
昨日21時ぐらいに寝たはずなのに・・・爆睡でした(笑)

フェリー乗り場すぐにある、この地域にあるたった一つの宿(といかこのあたりに唯一住んでいる家族の宿)Mancilla Familyでお世話になっています。

起きたら、体が痛い!!

昨日の2時間の乗馬が完全に体をガチゴチにしてくれたようです。
とっても楽しかった馬の背中に乗っての国境越えの見返りが・・・。

そんなバキバキの体を一瞬忘れさせてくれる、窓の外の景色。

今日乗船するフェリーは17時発。

何にもすることがないので、Mancilla Familyの1人娘?孫?の女の子と遊んでいましたw
マリエちゃんだったかな。。。

鬼ごっこしたり。

鬼ごっこより景色に心を奪われたり。

樋の中に隠れた猫を見せてくれようとしたり。

無理やり出された子猫を心配するママ猫w

そんなことをして過ごした午後。

16時、

お礼を言ってMancilla Familyを出発。

宿から桟橋まで250m(らしいのですが)、意外ときついです(笑)

がに股で急斜面を上り、

アップダウンの先の桟橋まで。

あの桟橋にケンさんがついていることを祈って。

ケンさんとはここで待ち合わせ。
昨日の峠道を見た私たちは、「ケンさん大丈夫かな?」と、ちょっと心配。。。

10分ほどで桟橋到着。

湖キレイーーー!!

どこかの温泉みたいな色してる~

ところで。

ケンさんは??
もしかして嫌な予感的中??

ちらちら後ろを振り返りながらケンさんをギリギリまで待ちます。

17時15分、

船来ちゃったよ!!

これに乗り込みます。

たくさんのチャリダーさん。
でも、そこにはケンさんの姿は・・・

しかも、この船を逃すと次は4日後!!

ケンさーん!!!

その声はむなしく。。。

18時、船は出発。

ほんとにケンさん乗れなかったし!!!!

ケンさんどこにいるの~~~~!?

☆後日談☆
ケンさんから来たメッセージによると。
船に乗れなかったのは彼のせいではなくて、デシエルト湖の船(1日目のしょっぱなの船)が壊れたから。だとか。
翌日発の船に乗り、そのまま登山道もがんばったが、結局オヒギンス湖の船着場に着いたのは午後8時。
遠くに私たちが乗った船が・・・見えるはずもなく。
そしてそのまま船着場の小屋(上の写真に写っている小さなの)で4日待ったそうです

その間彼は湖でマスを釣っていましたw

みなさんはこうならないように、余裕をもって出てくださいね!!

話は戻ります。

ケンさんを山の中に取り残して出発した船は、

オヒギンス湖を進みます。

なんと言ったらいいのでしょう。この緑。

そして、船の後ろには、

氷河が!!

この船、実は午前中は氷河を見に行くツアーに出かけていたのです。
氷河を見終え、Villa O’Higginsビジャ・オヒギンスに戻るときに、桟橋に立ち寄って私たちを積んでいったということなのです。

あの桟橋から氷河ツアーに参加することもできます。

詳しくはこちらから。

気持ちいい外の景色を楽しみながらオヒギンス湖を北上。

どんどんあたりは太陽が傾いていきます。

21時。

オヒギンス湖の北岸、Pto. Bahamondezに到着。

ここから、ビジャ・オヒギンスまでは、

このバスで。

バスは満員。

どこまで行ってくれるのかもわからず・・・

でも、ビジャ・オヒギンスは人口400人の村。
どこで下してもらってもたぶん大丈夫ですw

ビジャ・オヒギンスの地図。

約15分後、バスが停車したのは、

ホステルの前!(笑)

もともとこの村のどこに泊まるか決めていませんでしたが、
船の中で見たこの村の紹介ビデオに出ていたホステルなので、もうここでいいかと、荷物を受け取りホステルへ。

さすが小さい村!

私たちが泊まることになったホステルは、El Moscoエル・モスコ。

これが大正解でした♪

こんな広い敷地に立っています。

建物の周りはキャンプ場。

今はシーズン前でほとんど人がいませんが、シーズンの始まる1月からはチャリダーさんでいっぱいになるのだとか。

広いキッチンと

広いリビングもいっぱいになるそうです。

6人ドミが1人8000チリペソ(約1200円)、キャンプ場(キッチン&シャワー使用可)5000チリペソ(約750円)です。

これでやっと私たはカレテラ・アウストラルの出発地点までやってきました。
昨日からの1泊2日、国境越えはこれにて終了です。

綺麗な景色を楽しみ、いろんな乗り物にも大満足の2日間でした♪

ちょっと変わった旅がしたい方、ぜひ!!

それにしても、ケンさんにお別れ言ってないんだけど。。。。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>世界一周 海外添乗員の妻が旦那を同行 新婚旅行

世界一周 海外添乗員の妻が旦那を同行 新婚旅行

新婚旅行に世界一周をした夫婦の旅の記録と情報。そしてその後の日本での生活、子育て育児、表参道周辺の情報、ダイエット挑戦など、ちょっと変わった経歴をもつ2人の経験に則したオススメな情報などを発信しています。

CTR IMG