NO IMAGE

イザベラ島へ1dayツアー。アシカと泳いじゃった!! エクアドルその4

2012年2月22日 木曜日

ガラパゴス諸島滞在3日目の今日、Galatravelとい旅行会社の1dayツアーに参加してイザベラ島に行ってきました♪

めちゃめちゃ動物いっぱいに会えるツアー。

ツアーの内容を最初に書いて、後はかなりの量の写真でご紹介します!

1、サンタ・クルス島から船で2時間、イザベラ島に到着。
2、フラミンゴのいるラグーンへ。
3、ビジターセンターでゾウガメさんの後尾を観察。
4、イグアナさんのいるビーチと溶岩洞へ。
5、イザベラ島の町でお昼ごはん。
6、小さな船で、ガラパゴスペンギンのいる島へ。
7、大量のウミイグアナさんの生息する島へ。アシカもいるよ。
8、シュノーケリング。アシカさんと目が合った!
9、虹を見ながらサンタ・クルス島へ。

終了。

+おまけ。

というかなり盛り沢山な1日。
ええ、同じ言葉を昨日も言いました(笑)
でも、昨日以上だったんです。

そして優柔不断な私はみなさんにお見せする写真を厳選できず、
とりあえずいっぱい載せます(笑)

朝7時。
桟橋に集合。

ナチュラリストのお兄さんと、
色んな旅行会社でツアーに申し込んだ人と合流して1つの船へ。

7時半、サンタ・クルス島を出発!  

サンタクルス島からイザベラ島までは2時間の船旅。
島と島の間には小さな島がいくつか。

水面がつるつる!!
さざ波すらたっていません。
海が鏡張りってすごくありません??

イザベラ島に到着!

海が真っ青!

島の港近くは浅くて私達が乗ってきた船では近づけないので、小さなボートに乗り換え。
このボートを待っている間に、
ウミガメ、
アシカ、
そしてペンギンが船の周りをスイスイ!!

キャー(´∀`*)

さっそくペンギンに会えた!!

入島料5ドルを支払って、イザベラ島上陸!

ガラパゴス諸島の中で一番大きな島、イザベラ島。

タツノオトシゴの形してると思いません??
私たちはこの島の南のほうに上陸しました。

イザベラ島とは。
ガラパゴス諸島で唯一島の北部を赤道が通過している。
イサベラ島は6つの火山でできていて、火山毎に固有のガラパゴスゾウガメが棲息する。

ガラパゴス諸島で3番目に人口の多い島で、人口は島の南東にある町、Puerto Villamil周辺に集中しています。

船からこの車に乗り換えツアー開始!

ガイドさんは24人ぐらいのグループに2人。
英語のガイドさんと、スペイン語のガイドさん。

まず初めに訪れたのは、フラミンゴのいるラグーン。

ベニイロフラミンゴという種類だそうです。
あまり沢山はいないそうです。
ちなみにこのフラミンゴはガラパゴス固有種ではなく、カリブ海周辺にも生息しているそうです。

遠いっ!

お次はビジターセンターにやって来ました。

ここにいるのは大量のゾウガメ!

チャールズ・ダーウィン研究所同様、
ここで繁殖が行われています。

あ、こんにちは~

お食事中にスミマセン・・・。

ガラパゴスゾウガメの甲羅には3種類あるそうです。

が、見分けがつかない!(笑)

もうすぐ野生に返されるゾウガメ達。
5、6歳だそうです。

なんだか怪しいゾウガメさんが。

やる気なし!!

かなり脱力系な後ろ姿。
可愛すぎでしょ(笑)

綺麗な甲羅の模様。

デカっ!
写真で大きさが伝わらないのが残念。。。

チャールズ・ダーウィン研究所よりはるかにゾウガメさんの数が多い!

め、目が怖いです・・・

可愛らしく十字になってお昼寝中。

ここにもいた、脱力系(笑)

足が・・・(笑)
可愛いゾ!!

あら。
仲良くおデート?

みんなから離れた所で急接近。
カメにもデートってあるのでしょうか?
ちなみに、大きい方がオス、小さいほうがメスです。
しっぽで見分けれるそうです、私には見分けれないので、大きさで。

みんなからの死角で止まった。

重なった!!!
なんと、デートではなく、生殖行為に出かけたのでした。

とっても大切なことです。
ゾウガメさんのオスが大きいのは、生殖行為の時、メスが逃げないようにしっかり捕まえておくためだそうです。
生殖行為中、メスは全力で逃げようとします。

そして、かなり大きい音が!!

カメは声帯がなく、一般的に声を出さないそうですが、ガラパゴスゾウガメのオスは交尾の際、呼吸する時の空気の摩擦で、うなり声のような声を発するそうです。

その辺に響き渡るほど大きな唸り声!

凄いな。

と、思ったらこっちでも!

ロンサム・ジョージさん見習って!!!

そのおかげで、こんなに沢山のゾウガメさんが生まれているのです。
このミニミニゾウガメたちは、ネズミに食べられないように夜には蓋を閉めてもらって保護されています。

ビジターセンターのロゴが…

生殖行為中!!(笑)


ゾウガメさんの交尾シーンを動画でどうぞ。

綺麗なビーチを見ながら次の場所へ。

到着したのは溶岩ビーチ。

ただの砂浜と溶岩の岩に見えますが・・・

ウミイグアナさんがぽつぽつぽつぽつ・・・

海の岩場には、逃げ遅れたのか、水たまりで生活しているのか、沢山の魚。

と、ウミイグアナさん。

横目で見られてる。。。

岩と同じ色ですね~

海をバックにかっこいい!

微動だにしないところがさらにカッコいい!!

後ろ姿はちょっと間抜けですが・・・

ビーチからトレイルを歩いてもう1つの見所へ。

トレイルに開いた穴はウミイグアナさんのお家です。

雨ふりそう。。。
でも、ウチワサボテンとマッチして素敵。

火山でできた島だと納得する溶岩洞。

イザベラ島の町で昼食。
生搾りジュースで乾杯☆

ガラパゴスでは生産されていない野菜でつくられたスープ(笑)

お魚のメイン。
お肉とお魚で選べます。

デザートのアイス。
写真撮る前に半分食べちゃった。

お腹いっぱいになり、午後の部スタート。
小さな船で沖合の小さな島へ。

桟橋の横でこちらもお昼ごはん中。

なんか泳いだ!!

ガラパゴスペンギンさん~~~~。
こんな赤道直下にペンギンがいるのは、フンボルト寒流のおかげ。

アシカさんもすぐ近くまで遊びに来てくれました♪

ペンギンさんのいる島を船の上から見て、

降り立ったのはこの溶岩だらけの島、Islote Tintoreras。

ここから、この小さな島をトレッキング。

そこら中にウミイグアナさんだらけ!!!
気を抜くと踏んじゃうよ!

この中にオスが1匹だけだそうです。
ウミイグアナさんはハーレムを作る習性があるのだとか。

それにしてもウジャウジャ・・・

ウミイグアナさんチェーン!

ここで突然のスコール!!

雨が降り始めたので、雨宿り。
いやいや、頭しか雨宿ってませんよ!!

雨も激しいですが、イグアナの数も激しい!

ここまでいると、気持ちわ・・・
嘘です!!

1匹まちがい探し!

そこらじゅうにイグアナさんのお家。凄い人口密度ですね。

雨が降っていると知らずに家から出てきたのか、砂だらけですよ!!

ギャー!!!!

めっちゃいる!

アシカの赤ちゃんが「ハーイ(^^)/」ってしてくれましたが、
それよりイグアナさんの数が気になるよ・・・

結構おかしいですよね。
子供が親の上に乗ってる姿が、猿なら普通なのに、イグアナさんならなんだか不思議な感じ。

睨まれた。。。

それ枕?

私何も悪いことしてませんけど・・・

ちょうど雨がやんだところで、トレッキング終了。
船に戻ると・・・

ペンギンさん泳いでる~~~~

ここから船でちょっと移動。
本日最後のアクティビティ、シュノーケリング!

でも、配られたのはマスクとシュノーケルのみ。
フィンなし!?

だからか・・・
同じツアーに参加している何組かはマイフィンとマイシュノーケルセットを持参。

フィンのある人はホワイトチップシャークを見に連れていってくれるって。

フィンのない私たちはそのへんで。

ガラパゴスではスキューバダイビングもかなりの目玉観光。
一応私達2人もダイバーですが、今回はパス。
もったいないと言われるかもしれませんが、只今ヘタレダイバーなもので。。。

私、この旅初、海で泳ぎます!!

透明度はあまり良くありませんが、こんなエイさんも見れました。

飛んでいるみたい~

フグさん。

と、その時。

いた~~~~~~~!!!!!!

フィンなしの生足で全力キック!

見えた!

近づきすぎ!!!!
そう、正体はガラパゴスアシカさん。
完全に私達を見つけ、一緒に泳いでくれているよう。
目が合いました!!


アシカさんと一緒に泳いだ奇跡の瞬間の動画です!

かなーり満足。

濡れた体のままクルーザに乗り換え、サンタ・クルス島に戻ります。

本当に楽しい1日だった。
完全にガラパゴスにベタ惚れです。
動物に興味のないKazuまで(笑)

最後の締めくくりは、虹。

17時過ぎ、サンタ・クルス島に到着。
これでイザベラ島への1dayツアーは終了。

が。
今日のおまけ。

船で港につく直前。
あるカップルを発見。

それがこの仲良く昼寝中の方々。

それ・・・反則でしょう!

平和そうな寝顔!

sealion

可愛いいの~

仰向け。

本日の締めにビール。

今日は中華レストランにやって来ました。
と、言ってもいつもの屋台街。

ガラパゴスでチャーハン食べれちゃいます♪

は~。
もう言葉がありません。
こんなに素敵な場所があっていいのでしょうか。

ガラパゴス滞在残り1.5日。
明日はもう一度彼を励ましに行きまーす!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>世界一周 海外添乗員の妻が旦那を同行 新婚旅行

世界一周 海外添乗員の妻が旦那を同行 新婚旅行

新婚旅行に世界一周をした夫婦の旅の記録と情報。そしてその後の日本での生活、子育て育児、表参道周辺の情報、ダイエット挑戦など、ちょっと変わった経歴をもつ2人の経験に則したオススメな情報などを発信しています。

CTR IMG