NO IMAGE

南部アフリカぐるーっとキャンプ旅 Day18; ケープクロスのオットセイ。ナミブ砂漠に突入 ナミビアその5

2011年10月30日 日曜日

6時起床。

寒い!!!

15度まで耐えられる寝袋に、長そで2枚着込んでもぐりこみ、焚火のそばで寝ましたが・・・

寒い!!!

絶対テントで寝たほうがましだったと後悔泣

それでも風邪をひくことなく、朝ごはんをしっかり食べ、
あったかいコーヒーを飲んで温まり、

7時半、スピッツコップのキャンプ場を後にしたのでした。

そういえば、私たちゾウさんの下で寝てたんです。
ゾウさんに見えますよね??

走り出して20分で、トラックが停車。

ドアから入ってきたツアーリーダーの手には何かがのっかっています。

ミーアキャットの赤ちゃんでした。

かわいい!!!!

女子人の手に囲まれているちょっとかわいそうなミーアキャットの赤ちゃん(笑)
どうやら、トラックの横を歩いていた地元の人が、お母さんとはぐれているところを発見し、救助?したようでした。

バイバイ★

遠くに見えるスピッツコップ。

本日私たちが目指すのは、ナミビア西側に広がるナミブ砂漠の向こうの海岸の地ケープクロス
そこはある動物の生息地なのです。

そしてケープクロスから南下し、ナミブ砂漠ん真ん中にあるナミビア第2の都市スワコップムントで今日から2泊します。

ナミブ砂漠に入ったころ、1度目の休憩。

周りは砂漠。
見え放題!!

男子はトラックの右、女子はトラックの左と別れて。。。

私は、トイレに行きたくなかったので、ここでもセーフ。

それにしても何もない!!

9時45分、ケープクロスの入口に到着。

ダッシュでトイレ♪

入口で手続きし、トラックで行き止まりまで走ること約10分。

ケープクロスに到着です。
噂通り、ちょっと匂いが…

そう、ここに生息しているのは、

オットセイ!

大群!!

ナミビアから南アフリカにかけてこのような生息地がいくつもあるそうです。

この1つの生息地にいったい何頭のオットセイがいるのでしょうか。。。

海の中にもいっぱいのオットセイ。

こんな歩道を歩いて見ます。

歩道の下をのぞきこんでる視線の先は、

寝てる~

おっぱい飲んでる~

でかっ!!!!

寝てます。

よーく見ると、

赤ちゃんの死骸も。。。

もう1つ。

ここケープクロスはポルトガル人ディアゴ・チャオがヨーロッパ人として初めてナミビアに到着した土地でもあります。

11時、ケープクロスを出発。

どうして海の横に砂漠が広がるのか不思議に思いつつ、南下。

13時、ナミブ砂漠の真ん中、海沿いに広がるSwakopmundスワコップムントの町に到着。

この町でもリビングストン同様、1日半の完全自由行動。
ということで、さっそくここでできるアクティビティの説明。

ここでできるのは、スカイダイビング、ナミブ砂漠でクワッドバイク、サンドボーディングなどなど。

みんな何かしらのアクティビティに申し込んでいます。
ほんとにみんなアクティビティが好きね~。

スワコップムントの町をぐるっと回って、
14時、今日から2日間泊まるAmanpuri Travellers Lodgeに到着。

そう、今日もベッド!!!

17人全員同じドミトリー♪

ここからは自由行動。

遅めのお昼ご飯を食べに街に出てきましたが・・・
日曜日の町はほとんどお休み。

チーン。

町の端には砂漠を見ながらてくてく。

町の真ん中までやってきてやっとあいているスーパーを発見。
そこの総菜コーナーで買ったものが本日のお昼ごはん、晩ごはんでした。

町の端には砂漠が見えます。
今日のアフリカご飯♪

ご飯を食べた後は、ダイニングルームで陣取りずーっとインターネットを使って過ごしました(笑)

みんなは今日もゲームミートを食べに町に繰り出していきました(笑)

ベッドで寝れることにまた感謝しながら就寝でした♪

あと1週間!!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>世界一周 海外添乗員の妻が旦那を同行 新婚旅行

世界一周 海外添乗員の妻が旦那を同行 新婚旅行

新婚旅行に世界一周をした夫婦の旅の記録と情報。そしてその後の日本での生活、子育て育児、表参道周辺の情報、ダイエット挑戦など、ちょっと変わった経歴をもつ2人の経験に則したオススメな情報などを発信しています。

CTR IMG