NO IMAGE

南部アフリカぐるーっとキャンプ旅 Day20; 月面?走っちゃった。砂漠の異常気象 ナミビアその7

2011年11月1日 火曜日

2日間泊った宿、Amanpuri Travellers Lodgeアマンプリとお別れ。

ベッドはよかった。
でも、このツアーもあと5泊。
キャンプ場で寝るのもあとちょっとと思うと、ベッドはいつでも寝れるから、テントで寝たいという気持ちがちょっぴり湧いてきました(笑)

今日はこのスワコップムントから南下し、ナミブ砂漠といえばアプリコット色の砂漠が見れるソススフレイ、その基地となるセスリムの町を目指します。

6時半、起床。

朝ごはんを食べて。。。

いつもならここですんなり出発が、今日は予定より1時間遅れることに。

その理由は、このツアーに参加しているおばあちゃん、79歳が、昨夜突然、
「スカイダイビングがしたい」と言いだし、
嫌がる孫を保護者として引き連れ、もう1人の女性と3人で今朝6時半からスカイダイビングに出かけたのでした。

79歳。

できちゃうの!?

スカイダイバー待ちの私たちはちょっと心配しながらトラックに乗り込んで待ってると。。。

かなり興奮した状態でおばあちゃん(たち)は帰ってきました(笑)

最高だったようです。

すごい・・・。
しかも、昨日はサンドボーディングにもチャレンジしてたし。

朝からなんだか元気をもらいました(笑)

改めて、
9時、スワコップムントを出発。

砂漠の中に道はないので、内陸を南下。

11時、何もない大草原でおトイレ休憩。

景色が素晴らしい。

このトイレ休憩の後も、トラックの両脇には素敵な景色が広がっていました。

それは、

ムーン・ランドスケープと呼ばれる風景。
名前の由来は“草木もない荒涼とした”大地が「月面」を思わせるからだそうです。

“草木もない”??

あるよ??

そう、今年は異常気象とのこと。
なので、本当はない草がボウボウ。

植物はあっても景色はきれいです!(笑)

12時20分、ムーン・ランドスケープを抜け、何もない大草原の途中で停車。

そこにあったのはこの看板。

Tropic of Capricorn

まったく私たちにはなんだかわからず、ツアーリーダーに聞くもはっきりわからず(笑)

今調べたところ、

南回帰線」だそうです。
南回帰線→冬至の日、太陽の南中高度が90度になるところ。だそうです。

よって、この看板より向こうが“熱帯”、こっち側が乾燥帯?温帯?だそうです。

熱帯にいたんだ。。。

熱帯を出てからは景色がちょっと変化。
ただ、そう感じただけかな。。。

13時、大きな道路からそれて大草原の中の牧場にやってきました。

ここでブッシュウォークならぬブッシュドライブ。
暑いので、徒歩ではなく屋根つきの車で草原を案内してもらいます。

今日のガイドさんはフランツさん。

まずは出発前にこの土地の説明を聞きます。

初めに見せてくれたのはこの土地の植物。

水をちょっとつけると・・・

みるみるうちに開いていきます!

満開!

砂漠の植物には忍耐強く雨を待ち続ける植物がいくつもあるそうです。

もともとこんな何もない土地に人がやってきたのは牧場を開くためだそうです。

その人たちの目的はこの毛皮。

これは生まれて8時間以内の羊の毛だそうです。
これだけでうん十万する価値があるのだとか。

ん?

テーブルがちょっと変。

足が!!

マウンテン・シマウマの足でした。。。

いざ車に乗って、大草原の中へ。

日陰があってよかった。

牧場の敷地内の草原を走ります。

もともとこの土地は年間降水量が少ない乾燥した土地。
年間8ミリとか12ミリとか。

でも、今年は。。。

300ミリも雨が降ったそうです。

だから大草原にいつもない長い丈の草が。

これが去年撮った写真。

この場所が・・・

こちら。

明らかに地面が見えないほどの草。

草が緑色。

そして、その降水量のせいで大量の小さな生き物が死んだそうです。
溺死で。。。

運よく生き残ったクモ君の巣穴。
ふたをしている巣穴のふたを開けて砂をちょっと落としてみると、
すごい勢いで中からふたを閉じましたw

かわいい(笑)

大草原の走り、高台に。

砂漠から飛んできた砂が積もっていました。

ここで、原住民サン族の話などを聞いて、トラックまで戻りました。

ここでお昼ご飯を食べていきます。

15時、フランツさんにお別れして、移動を続けます。

車窓の景色はどんどん変わっていきます。

野焼きもきれい。

15時45分、ナミビアで1番小さな町、Solitaireソリティアに寄り道。

ガソリンスタンドとキャンプ場とパン屋さんくらいしかない町。

そんな小さな町のパン屋さんがおいしくて有名なのだとか。

狙っていたチョコブラウニーが売り切れ泣

しょうがないのでこの町でポストカードを出して後にしました。

お母さん、届いた??

17時半、本日のセスリムのキャンプ場に到着。

ここです。
広大!
一応、プールとバーがありますが、広大すぎて遠い・・・。

木の下に仲良くテントを設営。

木陰がここしかないから(笑)

今日もキャンプファイヤーで夕食を作ります。
今日はこの火があまりうれしくない。
暑い。。。

きれいな夕焼けを見た後は、

20時、晩ごはん。

明日はナミブ砂漠の朝日を見るため早起き。
今日は久しぶりにテントで早めに就寝でした♪

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>世界一周 海外添乗員の妻が旦那を同行 新婚旅行

世界一周 海外添乗員の妻が旦那を同行 新婚旅行

新婚旅行に世界一周をした夫婦の旅の記録と情報。そしてその後の日本での生活、子育て育児、表参道周辺の情報、ダイエット挑戦など、ちょっと変わった経歴をもつ2人の経験に則したオススメな情報などを発信しています。

CTR IMG